⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

塩が固まるのを防ぐ方法

  • LINEで送る

塩が固まるのを防ぐ方法

塩を使おうとすると、

  • 入り口が固まって塩が出てこなかったり、
  • 中で固まって出てこなかったり

このような経験ありませんか?

これは塩に限らず、他の粉系の調味料に当てはまることもありますが、

原因は

湿気を吸い込むから

です。

 

では、このような光景を見たことがありますか?

家庭やレストランなどで、

塩の入った入れ物の中に茶色い煎り米が入っている。

 

煎り米が入っているのは、塩が湿気のために固まってしまうのを防ぐためなのです。

 

なぜ煎り米が?

それは、米の成分のデンプンを加熱したものには水を吸収する性質があるからです。

ご飯を炊くときも、お米を熱するからあれだけたくさんの水を吸い込むことができます。

せんべいとかが湿気やすいのはそのためですね。

 

食卓塩は初めから湿気ないように、

にがりを取り除いたり、湿気を防ぐための工夫がされていますが、

それでも、塩ビンの入り口に穴が開いているので、そこから空気に触れるため固まってしまいます。

そこで固まるのを防ぐために考えたのが、煎り米を入れることです。

ちなみに生米は吸湿性はありません

 

もう一つ、

サラサラの塩を保つ方法があります。

あら塩を鍋に入れて、あら塩以外は何も入れずカラ煎りします。

強火で煎ると(炒める感じです)塩が焦げてしまうので、

中火から弱火で木箸や木杓子を使って混ぜながら煎ります。

最初、つまんでも手についてベタベタしていた塩が、少しずつサラサラになっていくのでわかると思います。目に見えて変わっていきます。

こうすることによって、吸湿性の高いニガリ(塩化マグネシウム)が酸化マグネシウムになり、吸湿性が無くなります。

ニガリ特有の苦みは幾分かは残るので、

食卓塩より味に深みがあって、サラサラ塩を作ることができますよ。

↓↓↓世界中の塩を知りたい方はこちら↓↓↓

★楽天”塩”市場、世界中の塩の種類と特徴★

 

↓↓↓その他の売れ筋”塩”ランキング↓↓↓

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ