⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

ラーメンに使われる「かんすい(鹹水)」 ~添加物シリーズ~

  • LINEで送る

かんすい(鹹水)はご存知の方も多いと思いますが、

中華麺などの製造に使うアルカリ塩水溶液で、

ラーメンの独特の風味と色合いを出すために使われるものです。

0-53

多くの人が天然成分だと思っていますが、実は違っていて、

炭酸カリウムやリン酸カリウムなど16品目の中から、1品目以上を使用したものです。

 

「リン酸塩」がほとんどですが、毒性の強いものはありません。

 リン酸塩

ただ、多量に使われていると、

  • においが鼻につく
  • 味に違和感を覚える
  • 胸やけを起こす

 

ことがあります。

 

そして、リン酸塩は多く摂取すると

血液中のカルシウムが少なくなり、骨が弱くなる恐れがあります。

 

このリン酸塩というのは、

かんすい以外に、

  • 食肉製品
  • かまぼこなど魚肉練り製品
  • 漬物

など、多くの食品に使われているので、

毎日摂取している可能性が高いので、注意が必要です。

 

 

ラーメンの話が出てきたので、

もう一つ知っておきたいものが「過酸化脂質」というものです。

 過酸化脂質

これは有害物質で、

一定量をネズミなどの動物に食べさせると死んでしまいます。

 

人間の場合は、胃痛や下痢を起こすことがあります。

 

そのため、抗酸化作用のある「ビタミンE」を添加したりしますが、

酸化を完全に防ぐことはできないのです。

 

さらに「過酸化脂質」と「添加物」が合わさることで、

胃の不快感や下痢が起こりやすくなります。

 

特にカップ麺など、麺を油で揚げているものは「過酸化脂質」ができます。

 

油で揚げていなくても麺自体に植物油を練り込んでいる場合、

それが酸化して多少できてしまいます。

 

なので植物油を使っていない場合はほとんどできていないと考えて良いでしょう。

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】

プロの料理人でも知らない料理の隠し味や、知られざる和食のヒミツ、料理を美味しくするためのポイントを伝えた“料理哲学本”
『99.9%の日本人が知らない和食の真実』


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ