⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

増粘多糖類 危険な種類と食品の安全性について

  • LINEで送る
増粘多糖類とは天然多糖類を2種類以上使用した時の簡略名です。

 

増粘安定剤(増粘剤、安定剤、ゲル化剤、糊料)としての用途で使用され、

 

食品や飲料に粘性や接着性を付けるための食品添加物です。

食感やのどごしが良くなるためさまざまな食品に使用されています。

 

増粘安定剤の成分は、天然由来の多糖類が用いられることがほとんどで、

でんぷんや果実、藻類などから直接、または発酵する等の手法により抽出します。

 

 

増粘多糖類にも色々あり種類もたくさんありますが、

特に問題のものは3つです。

 

「トラガントガム」

マメ科のトラガントの分泌液を乾燥して作ったもので、1.25~5%含む餌をマウスに2年間ほど食べさせたところ、

前胃に乳頭腫、がんの発生が認められました。

ただ、容量依存性が認められなかったことから、発がん性があるという結論にはなっていません。

 

「ファーセレラン」

ススカケベニ科フルセリアの全藻より抽出したもので、

鶏卵1個あたりに5mg投与した結果、ヒナの目や上顎に異常が認められました。

 

「カラギーナン」

ミリン科キリンサイ属などの全藻より抽出したもので、マウスに発がん性物質を投与し、カラギーナンを15%含む餌を与えたところ、結腸腺腫の発生頻度が高くなりました。

 

これらは、単独で使われた場合、具体名が表示されますが、

2品目以上使った場合は「増粘多糖類」としか表示されないので、何が使われているかわかりません。

 

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】

プロの料理人でも知らない料理の隠し味や、知られざる和食のヒミツ、料理を美味しくするためのポイントを伝えた“料理哲学本”
『99.9%の日本人が知らない和食の真実』


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ