⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

医者の最高権威は料理人!? ~勝手に未来の料理界を予想するシリーズ2~

  • LINEで送る

前回、昆虫食についてお話しましたが、

http://wp.me/p50ahn-17M

今度はまた別の角度から料理界を見てみます。

 

医食同源 ~勝手に未来の料理界を予想するシリーズ2~

医食同源とは、

普段の食事をバランスよく、美味しい料理を食すことによって、

病気を予防したり、治療する

という考えのことですが、

 

この言葉は、もともと中国に古くからある

薬食同源という言葉から来ています。

「食(じき)は医なり」という言葉もあります。

 

中国では昔(3000年前の周という時代)に、

食医と言う人がいて、

これは、食べ物で病気を治したり治療する医者のことです。

 

そして当時

食医は、医者の中でも最高ランクの医者とされていました。

 

ちなみに当時の医者ランクはこの通り

 

  • 食医(食べ物で治す)
  • 疾医(薬を使って治す)
  • 傷医(メスを使って治す)
  • 獣医(獣を扱う医者)

 

この順番で格式が高いと言われていました。

 

つまり、次世代の料理人像の一つとして今後確立するであろう職業は、

この『食医』ではないのかと思うのです。

 

これは、病院で患者のための料理を作っている料理人や栄養士などのレベルではなく、

病院でもトップの医者として、

料理をもって病気を治す人のことです。

 

つまり、言い換えると料理人が医学会のトップに君臨する世界が

いつか訪れるかもしれないのです。

 

料理人と言えば、

日本ではまだ、格式で言うと地位が低いイメージがありますが、

 

それは、誰でも参入できる業界であったり、

50年以上前は、学校に行くことさえできないような

貧乏な世帯の人が、住み込みで働くための唯一の働き場だったり、

と、

 

なんとなく、格下の職業と思われるのは、そのためなのかと思います。

もうだいぶその風潮も無くなってきたのですが、

 

それでも、

飲食店の場合、高校生でも、

「とりあえずバイトするか」

程度の感覚で働くことができるので、

なんとなく敷居が低い分、世間から崇められるような職業ではないことはわかります。

 

その分、

医者と聞くと、

特に日本人の性質として、制服や権威に弱いので、

しかも命を扱うし、頭もよく、知識豊富で

高校生がバイト感覚で

「ちょっと病院でバイトしようかな」

という感覚にはならないため、

 

料理人に比べ医者はかなり、各上の職業だと思われています。

 

実際、職業に上も下もありませんし、

行っているのは、一人の人間なので、どの職種であろうが

意識の高い人、低い人は存在します。

 

ただ料理人と医者を比べると、

参入障壁や、育った環境、知識の量など

 

どうしても、医者の方が良いイメージがあります。

 

、、、というのが、今までの常識ですが、、、

今後その時代がガラッと変わるかもしれないというのが、

 

今回の料理人の未来予想です。

 

つまり、今の時代

何においてもかなり選択の幅は広がっていると思います。

 

インターネットの普及が大きいですが、

ネット上で大学の講義も受けられますし、

医学の知識も身に付けられる。

大学に行くための費用が無い家庭でもネットで自分の好きな分野の勉強はいくらでもできますし、

コネクションを持つこともできます。

 

つまりどのような人が現われるかと言うと、

 

・料理人ベースで、医学の知識を豊富に持つ食医

または

・医者ベースの、料理の知識・経験をもつ食医

 

が出てくるのです。

料理人と医者のフュージョンです。

 

料理人として生きてきたが、医学にも興味があり

食で人を幸せにしたり、病気を治したいと思う人がいれば、

料理の知識・スキルを生かし、医学会に参入できるかもしれませんし、

 

医者として生きてきたが、

(例えば)薬だけでは解決できないと思って、

薬膳料理、精進料理など食に興味を持って、

医者の知識・経験をもって、料理人になる

 

という2種類の形ができるのです。

 

そしてこれらは、『食医』と呼ばれ、

料理人+医者を融合した職業として確立されるときがくるのでは

ないでしょうか?

 

ちなみに今でも、

食医の簡易バージョン

・「料理を通じて健康になりましょう」という料理人

とか

・「まずは食生活を治しましょう」という医者

 

はいますが、

今後は、

 

今までの飲食店の場合は、

お客様の笑顔、大切な時間、など

プラスの要素を含んで、体験してもらう。

つまりポジティブな感情で来店するお客様がほとんどですが、

(食欲を満たしたいなど、欲求を満たす系)

 

未来の飲食店は病院のように

病気を治したい、身体を良くしたい、がんを治したい

そのためにあの料理屋に行こう

というような店ができてもおかしくありません。

 

医者の免許を持った料理人

料理と医学の知識から、

最適な調理法を考えだし、

さらに美味しい、健康になる料理を提供できる

言わばこの世で最強の職業が生まれる日はそう遠くないかもしれませんね。

 

そして私個人としては、

私も含め、そのような分野にも目を向けられる料理人が多く出来ることを願っています。

(*補足として、病気を治す、治療する際に食事内容を正すのは最重要ですが、

もう一つ“意識”を変えることも食事内容を正すことと同じくらい重要なポイントなので、

そこも踏まえて治療できる料理人がいると最高です^^)

 

以上、私の勝手な未来予想でしたm(__)m

 

さらに次回は、

この次の次元の料理人像についてお話します。

 

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】

プロの料理人でも知らない料理の隠し味や、知られざる和食のヒミツ、料理を美味しくするためのポイントを伝えた“料理哲学本”
『99.9%の日本人が知らない和食の真実』


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ