⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

和食の秘密と大和民族の特性

  • LINEで送る

日本列島の仕組み

 

いきなり

「和食に関係あるのか?」

という話題になりますが、、、

実はめちゃくちゃ大いに関係ありだったりします。

 

日本列島というのは

・ユーラシアプレート

・北アメリカプレート

・太平洋プレート

・フィリピン海プレート

という4つのプレートがぶつかり合う大陸で、

とても珍しい国です。

いわば地球のへそのような場所です。

 

その4つのプレートがぶつかるということは、

地球の圧力や摩擦がものすごくあるため、

火山や地震が多いのもこのプレートが集まっているからでもあります。

 

そこにつまり地球のエネルギーがたくさん集まっているのです。

 

その地形や地盤や地域性から、

日本独自の特性や背景、宗教、民族性、思想が生まれました。

 

中でも特徴的なのが、

日本は

“受け入れる”

ことがとても得意な民族だと言えます。

 

なぜなら、他国は場所を移動して、

領地開拓など(アメリカが良い例)で経済発展させていくのが特徴である反面、

 

日本は、地域が狭く広げようがないため、

その中でなんとかするしかなく、

さらに、海外からも色々入ってきて、

その入ってきたものをいかにどう活かすか

という地域性になります。

 

 

日本料理が良い例です。

日本料理は、今でこそ世界中に認知されていますが、

もともとは、

そのほとんどが海外からの輸入による料理の組み合わせだったりします。

 

例えば、

 

『天ぷら』

これは、もともと室町時代に日本に入ってきた南蛮料理の一つで

天ぷらという言葉の語源は、

ポルトガル語の「調理」を意味する「tempero」

スペイン語の「天上の日(揚げ物を食べる日)」を意味する「templo」

などからきていると言われています。

 

『とんかつ』もミラノ・ウィーンの“カツレツ”から、

 

『ラーメン・うどん』は中国から来ていますね。

 

『カレー』もインドからですし、、、

 

あと家庭料理の定番である

『肉じゃが』

これも、もともとはアメリカなどのビーフシチューからきていて、

東郷平八郎がイギリスに行った時に、シチューを食べて感動したことから、

 

これをシチューを食べたこともない日本人シェフに

「このような味だった」と雰囲気だけ伝えて

無理やり作らせたところ、

日本の調味料である醤油や味醂などで代用してつくったため、

肉じゃがのような味になり、

そこから肉じゃがが生まれたと言われています。

 

その他、調味料でも、

醤油味噌なども、もともとは韓国や中国から伝わったのです。

 

 

このように、色々なものを含んで融合することが得意なのが日本人で、

だからこそ和食と呼ばれます。

 

日本の精神構造はこの「和」という字そのものにあり、

 

和と言う字を見ると、

左の禾偏は上下左右斜めの

全部の方向にバラバラに向かっているものを

右の口という漢字で一つにまとめ包み込む

と言う意味でもあり、

 

つまり和という漢字一つに、日本人の

“他から来たものを取り入れ融合する”

という国民性が現れているのです。

 

その他、

海外の経済は、いかに差を付けるかが重要なポイントになってきます。

FXや為替、金利などをみたらわかりますが、

どれだけ差を付けて、利益を出すか

ということに焦点を当てていますよね。

資本を持つものと持たざる者を、いかに差を付けるかなどの考えが

経済至上主義の根本だと言えます。

 

しかし、日本は

その真逆で、

和の精神を重視しているため、

いかにそれを一つにしていくかという発想が強く、

もともとの考え方が違うのです。

 

そして、

コミュニティ文化が強く、

バラバラのものを一つに集め大きく大きくすることができるのが

“大和(やまと)”民族の特徴なのです。

 

つまり、外から来たものを受け入れ、

より発展させることができる能力がずば抜けて高い民族だといえます。

 

他の例では

チェスと将棋のルールから、

チェスは相手の駒を取ったら、それで終わりですが、

将棋は相手の駒を自分の仲間として受け入れ戦力にすることができるのです。

 

このようなゲームからも、日本の深い国民性がわかると思います。

 

その中で発展していった日本は、

食に関していうと

“お米”がとても重要なポイントとなります。

 

たとえば、日本のお祭り行事は、

その8割は稲作・お米に関する祭りなのです。

 

地域の農作物の豊作を祈る祭りなどが多いですよね。

 

これは日本料理を勉強していれば、おのずとわかってくるでしょう。

 

ちなみに

その儀式での日本のトップは天皇です。

 

もう少し言うと

“神道(しんとう)”でいう大司祭のようなポジション(ローマ法王のような感じ)です。

それが天皇陛下です。

 

そして、

天皇陛下が一番大事にしている儀式が、

伊勢神宮と大きな関係があり、

皇紀約2600年間もの間、お米に関する儀式をずっとやっているのです。

 

五穀の豊穣と安寧を祈る儀式である

大嘗祭(だいじょうさい){新嘗祭(にいなめさい)}

も有名です。

 

 

その他、意識(エネルギー)を上げるものとして、

水や塩も重要になってきます。

 

このように

日本料理(和食)は、日本の地形も含め

文化や思想、言葉など、

さまざまな要素が組み合わさって出来上がる料理とも言えますね。

 

 

最後に余談ですが、

日本料理は“和”食と呼ばれますが、

 

フランス料理などは調味料を足していってつくる調理法が多いため、

「和(プラス)の料理」と言われ、

 

日本料理は、食材の味を大事にして

如何に引いていって(余分なものをそぎ落として)調理するかに重点を置くことが多いため、

「差(マイナス)の料理」と言われます。

 

なんか矛盾しているように思えますが、

陰陽などでの逆の性質があるからこそ、お互いが引き立つという解釈で

強引にですが、締めくくりたいと思います。

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】

プロの料理人でも知らない料理の隠し味や、知られざる和食のヒミツ、料理を美味しくするためのポイントを伝えた“料理哲学本”
『99.9%の日本人が知らない和食の真実』


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

One Response to “和食の秘密と大和民族の特性”

  1. Takuya より:

    たくみさん
    お久しぶりです!
    拓也です。
    素晴らしいです!
    勉強になります‼︎

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ