⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

ウルトラテックス4(Ultratex 4)とは?

  • LINEで送る

前回「ウルトラテックス4」を使い、他にはないとろみができることを実験しました。
⇒前回の記事はこちら

その続きです。

まず、白い器に煮詰めや醤油などを刷毛でぬっても、この写真のように

時間が経つと2~3分でこんな状態(ぼやける)になります。

 

しかし、ウルトラテックス4などのとろみを生かせば、

醤油でも写真のようにきれいに描くことができます。

これは実際に5分以上放置した後に撮ったものです。

 

 

前の記事で、溶け方について説明しましたが、補足をします。

アルギン酸 ⇔ キサンタンガム ⇔ ウルトラテックス

それぞれ粉の細かさが

粗い       ⇔       細かい

 

アルギン酸は粉ゼラチンをもっと細かくしたような感じで、少量ずつ水を溶かすやり方は難しい。

アルギン酸・キサンタンガムともすぐ溶けなくて、ザルで濾しても取り出しづらいので、すぐに使いたい場合、やはり電動ハンドミキサーなどで混ぜるのが妥当かもしれない。

 

 

ウルトラテックスは、粉糖に近いくらいの細かさで、少しずつ水を足して溶かすと、

ある程度は解けるが、完全に溶けない場合があるので、その時は小さな網目のザルで濾せばよいです。

ウルトラテックスも高い温度でもとろみはつきますが、欠点があるとすれば、ある程度のとろみをつけたい場合、結構たくさん入れなければいけません。(キサンタンガムの2倍以上)

粉が細かいだけに、重さで比べるとそこまでではないかもしれませんが、それでも確実にキサンタンガムやアルギン酸より量を使います。

ですので、料理の提供直前のとろみ管理に関してはウルトラテックスは向いていない気がします。

つまり、事前に分量をしっかり量りとろみ具合を決めておくのが良いかと思います。

*ちなみにもともと少しとろみのあるスープに、ウルトラテックス4の粉を入れてミキサーにかけたら、かなり溶けづらい”ダマ”がいくつかできました。(濾せば解決しますが、、、)

 

このようにまだまだ、実験を進めてみないとわからないことはありそうです。

 

また進展があれば報告しますm(__)m

 

  • LINEで送る
       

⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


   

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ