⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

米のとぎ汁の威力(フェンネルを湯がいてみた、、、)

  • LINEで送る

今回は、ただの興味でやってみました。

フェンネル(ウイキョウ)を米のとぎ汁でボイルすると味はどのように変わるのか?

フェンネルは、セロリのような味がして若干クセのある野菜です。

 

普通にお湯でボイルするのとどう違うのか?

 

で、結果は、”まずい・おいしくない”

フェンネル特有のセロリのようなにおいがさっぱり消えて、ほとんど味の食感だけになります。

 

という訳の分からない実験をしたあとで、

米のとぎ汁について復習しました(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

米のとぎ汁、米ぬかについて

 

米糠は、玄米を精白したあとの外皮や胚芽で、タンパク質や脂質を分解する様々な酵素や、渋みや臭気を吸着するコロイド物質を含んでいて、

魚の干物(ニシンや棒だらなど)を濃い米糠の汁でもどすと渋みなどの不要な成分が吸い取られ、真水に付けたときより成分の拡散を防いでくれるのでうまみが溶け出すのも抑えられ味よく仕上がります。

にしん棒だらは戻した後、さらに米のとぎ汁で茹でます。その後流水にさらし、糠臭さを除きます。

は、アクが強いため(獲りたては別にして)下処理の段階でお湯に米糠(こめぬか)を入れて長時間煮ます。

筍のほか、あくの強い山菜類にも使います。

そのほか、

大根小芋の下ゆでには、白く仕上げるため米のとぎ汁でゆがきます。そうするときれいな透明感のある色に茹で上がりますね。

 

以上。

 

つまり米のとぎ汁で湯がくことにより、フェンネル特有の風味のようなものが吸い取られてしまったんですね^^

 

 

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】

プロの料理人でも知らない料理の隠し味や、知られざる和食のヒミツ、料理を美味しくするためのポイントを伝えた“料理哲学本”
『99.9%の日本人が知らない和食の真実』


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ