⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

ズッキーニフラワーを料理に使う方法

  • LINEで送る

ズッキーニフラワーをご存知でしょうか?

その名の通り、ズッキーニに咲く花のことです。

日本料理ではあまり使わないですし、スーパーに普通は売っていません。

しかし、海外に行くと、ズッキーニを使っている料理を沢山目にします。

 

日本料理でも、天麩羅に使う事もありますし、ステーキなどの添え野菜としても活躍します。

 

似ている形で、胡瓜があります。が、全然違います。

 

私も最初海外のレストランで働き始めた時、ズッキーニと胡瓜が隣同士に合って、間違えて取りそうになったことがあります。

 

ズッキーニはよく見ればわかりますが、頭の方に南瓜やナスにあるような“へた”があります

↑へた(星みたいな黄緑色のもの)

 

だいたいこれで見分けがつきますが、良く見れば、色も違いますし、切ってみれば断面や、食べた時の食感。味ももちろん違います。

↑胡瓜は系統で言うと、ウリ科キュウリ属のつる性一年草。

↑これは胡瓜の花。

 

ズッキーニは、ウリ科カボチャ属の一年生の果菜。果実の外見はキュウリに似るが、カボチャ(ペポカボチャ)の仲間。実が緑色と黄色のものがある。

ちなみにズッキーニは生食することはほとんどありません。

中国料理なら炒め物に入っていますし、他にも刻んだり、薄くスライスしたりして使います。

 

このように、あまり日本では手にすることのない野菜ですが、

結構色々な料理に使えます。

 

そのなかでも、ズッキーニの花がありまして、

オーストラリアだと旬は11月~1月位にたくさん市場に出回ります。

その他の時期にもたまに売っていますが、数は採れません。

↑花だけで入ってくる場合、発泡スチロールに大量に入ってくる(1ボックス約120~150本)

 

植物にも雄雌(オスメス)があり、ズッキーニにもそれがあります。

いつも私たちが食べているズッキーニの実は“メス”です。

 

で、旬になるとオスの花だけで市場に出てきます。

左が雌(メス)花と実が付いている。  右が雄(オス)花だけです。

左の黄色いのは、花の中のつぼみを取り出したもの(拡大したら違いがよく見えます)

 

 

ちなみに、この季節

 

ズッキーニフラワーメス(実付き) $45/1tray [箱] (60-80pc)   $0.5625-0.75/pc [本]

ズッキーニフラワーオス(花だけ) $28/1tray [箱] (120-150pc)  $0.187-$0.233/pc [本]

*一般に売られている価格ではないので、普通に買うともう少し高いです。

 

このように、値段の差が50セント近くあります。

ですので、原価を安くすため、オスの花だけを買って、実は使わなかったり、大きいサイズ(ふつう)のズッキーニを使います。

 

どのようにして花を料理に使うかというと、

ズッキーニフラワーの場合は、盛り付けで散らしたりはしません。

一つの単体のメインだったり、サブとして使います。

 

例えば、

  • ボイルして、お浸し
  • 花の中にアボカドや海老のミンチを詰めて、天麩羅
  • 花の中にリゾットを詰めて、軽く炒めたり焼いたりして提供

 

花なので、盛り付けがかわいらしく見え、女性に人気があります。

しかも、野菜なのでヘルシーなイメージがあり、この季節は良く売れます。

 

もし、使うときのために、

ズッキーニフラワーの下処理をお教えします。

オスもメスも同じ下処理です。

 

まず、

  1. 実と花を切り離します。手でうまくちぎって外すこともできます。
  2. 次に、ボールに水をためておいて、花の周りに付いた汚れを丁寧に落とします。
  3. 花がほとんどの場合閉じているので、手で優しく花弁を開き、中のつぼみ(写真のそれぞれ左側)をつまんで取りだします。
  4. 水気を取って、ペーパーで包んで保存します。

 

もし、長い間保存する場合は、新聞紙などを濡らした上に乾いたタオルやペーパーをしいて、直接水がズッキーニ花に当たらないようにし、冷蔵庫で保存しましょう。

そして、毎回使う分だけ、そうじ(下処理)をしてください。

 

以上、ズッキーニフラワーでした。

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ