⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

本物のだしやブイヨンを活用して、美味い料理をつくろう!

  • LINEで送る

ブイヨンやだしと呼ばれるものは、

 

今では、固形(粉)や液体などの濃縮したもので

水で溶かせば簡単にだしの味を再現することができますが、

もともとは、食材から取り出せるものです。

 

なぜこんなに粉末や液体のだしが普及したのかと言うと、

 

一言で言うと、

「簡単で安く済むから」です。

 

 

日本で一番なじみの深い、昆布や鰹節で取っただし汁がありますが、

 

この日本の伝統的な、昆布カツオだしは、

世界で一番早く作ることができる出し汁

だと言われています。

 

そんな早く作ることができる出しでも、粉や液体を使った方が安くて早いのですから、

家庭はもちろんのこと、原価を安く済ませるために飲食店などでも使うことはよくあります。

 

料理人であれば、だいたいはその店がちゃんと出し(ブイヨン)を取っているか?

粉や液体の(化学調味料の入った)出し汁を使っているか?

 

料理を食べればわかります。

 

そんなだし汁ですが、

実際のところ、だし汁の元となる食材が、一般家庭に出回らないので、作り方を知らない人は多いです。

 

出回らないというか、あまり需要が無いと言ってもいいかもしれません。

 

現代のほとんどの方は、

アレルギーや健康などに“本当に”気にしている人は少ないため、使うことはないのでしょう。

もしくは、健康を気にしていても、値段が高すぎて手がだせないかのどちらかです。

 

皮肉にも、今の日本は、身体に悪いものが安く売られ、身体に良いものは高く売られているのが現状です。

 

ここで、だしの取りかたについてポイントを説明したいと思います。

今回は鶏のブイヨンについてです。

 

 

鶏のブイヨン(だし汁)

 

材料

主に使う材料は、

 

  • 鶏ガラ
  • 野菜

のみです。

 

はっきり言って、とてもシンプルです。

シンプルなだけに、手順を少しでも間違うと、不味くなります。

 

とても簡単に言ってしまえば、上記の3つの材料を入れて、煮ることによって、味が出るのです。

 

ただそのまま放り込んではいけません。

 

 

これは料理人にとってはあまりにも常識的なことなので、

専門の方は、これから先は読まなくてもわかる事ばかり書いてありますので、、^^

 

 鶏ガラの入手法

まず、鶏のブイヨンであれば、鶏ガラを手に入れてください。

普通に鶏肉を買うより安く購入できます。

(鶏ガラ↓)

IMAG0799[1]

スーパーなどで1匹ごと仕入れて、鶏肉をさばいてパック詰めしているのであれば、

店員さんに尋ねれば、出してくれるでしょう。

 

というのも、鶏ガラは骨なので、食べるところはありません。

 

ですので、だしに使う用途以外は、ほとんどの場合使われないため、捨てられます。

だから、安いのですが、

飲食店でよく鶏肉を使う場合、鶏ガラはタダで手に入る場合もあります。

 

実際、それぐらい安く価値の低いものです。

 

まず鶏ガラを手に入れたら、周りに付いている余分な脂や、血が付いている部分は取り除きます。

 

そして、沸騰したお湯に入れて、周りの臭みを取り除きます。

 

その後、鍋に鶏ガラと、

 

野菜は、玉ねぎ、人参、ネギ、キャベツ、白菜など

砂のついていない部分で、芯など使わない部分でもよいので入れます。

もちろん野菜丸ごと入れても良いです。

 

そして、香りのある野菜を入れるのもよいです。

 

 

ちなみに出来上がりの野菜は、とても柔らかくなるので、

ポトフとして使ったり、カレーライスの具などにするととてもおいしいと思います。

IMAG0798[1]

 

チキンブイヨンの作り方

材料を入れたら、水を入れ、火にかけます。

 

沸騰しだしたら、アクを取りながら、弱火にして、野菜が箸で切れるくらい柔らかくなるまでクツクツ煮ます。

 

そして水が半分以下になるまで煮込んでください。

 

 

以上です。

 

 

文章で書くと、簡単ですが、時間にして最低3時間はかかります。

出来れば8時間以上は煮込みたいですね。

 

美味しく作るポイント

 

沸騰しだしてから最初はアクがたくさん出やすいので、こまめに取り除きます。

これをしないと、だし汁が臭くなります。使えません。

 

そして、たっぷりの水から茹で、弱火で煮てください。

煮詰めれば煮詰めるほどだしの味は濃くなっていきます。

 

煮詰めすぎて、野菜が水から出てしまったら、水を足して、もう少し煮詰めましょう。

 

 

その出しに、塩を少し加えれば、それだけでとてもおいしいスープができます。

 

ちなみに最初入れた水より、半分以下の量になるまで煮詰めないと、ある程度濃い味は出ません。

 

たったそれだけですが、時間も手間もかかるため、あまりやる人が少ないのです。

 

ということで、興味ある方は試してみてください。

 

 

鶏ガラだけでなく、

豚でも、牛でも、骨の部分が手に入るのであれば、同じようなやり方で出しは作れます。

 

 

ちなみにコンソメは、、、

そこからさらに脂の少ない肉や野菜を入れて煮込むので、

もっと手間と時間がかかります。

 

 

また、ラーメンなどは出しの取りかたが特殊な場合もあるので、

 

今回説明したやり方とは違う場合もあります。

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】

プロの料理人でも知らない料理の隠し味や、知られざる和食のヒミツ、料理を美味しくするためのポイントを伝えた“料理哲学本”
『99.9%の日本人が知らない和食の真実』


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ