⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

笹(バラン)を盛り付けるときの向きは?

  • LINEで送る

笹(葉蘭)はもともと、なぜ使うようになったのかというと、

ひとつは防腐作用

もう一つは、昔はよく木の上に盛り付けることが多かったので、引っ付いてしまうのを防ぐために使われていました。

 

そこで、疑問に思うのが、笹にもちゃんと置き方があるのか?ということ。

 

答えは、特に決まってない。でいいと思う。

というのは、盛り付けるものによって笹を置く場合に、決まりがあれば、

どうしても笹に合わせて盛り付けを変えなければいけないので、

その時に応じて笹の方向は決めればいいという解釈です。

 

ただし、一応覚えておいた方がいいことがあります。

 

それは、

 

日本料理は右利き文化なので、お箸をおく方向も左が細くなるように(持ちやすいように)置いてあるように、

笹も、先は左で、根本が右が基本です。

右きき前提の盛り付けは、右下が低く、左上が一番高く

山水盛り、天小地大と言われるように

上を針のように細くして、頂点をめざし、土台は太く(土台をしっかりって意味で)

左上の山の方から、右下まで水が流れて行く様子

 

つまり、バランの先は左上、根本は右下で置きます。

 

とはいっても、バランがメインではないので、バランスを考えて盛り付けしましょう。

それにより、笹の位置は変わってもいいというのはそのためです。

 

*最後に念のため、わかっているとは思いますが、笹の裏表は間違えないように

器に盛り付ける場合は、つるっとした面(表)を上にしてください。

粽(ちまき)などは包み込むので、内側がつるっとした面(表)、外側がざらざらの面(裏)になりますが、、、。

 

あと、もう一つ余談で、皆敷{かいしき}(料理に添える葉っぱのこと)の中でひとつだけ例外があり、

 

裏白という植物の葉がありますが、よく正月にお餅の下にあるやつのことですが、

これに関しては、裏(ざらざらの面)を上にしています。

理由は裏を見せることにより、裏表なく付き合いましょうみたいな感じの意味です。

 

以上、笹(ばらん)についての盛り付けに関しての考えでした。<(_ _)>

 

 

 

  • LINEで送る
       

⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


   

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ