⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

「ブロッコリー」と「カリフラワー」の違い

  • LINEで送る

アスパラガスは日光に当てて育てたのはグリーン、日光を遮って育てたのがホワイトになります。

では、ブロッコリーとカリフラワーもこれと同じでしょうか??

 

 

ブロッコリーは、ヨーロッパで野生のキャベツから栽培されるようになったもので、約2000年前に、野菜として食用にされていました。

その後、このブロッコリーが改良されて生まれたのがカリフラワーです。
同じアブラナ科ですが、

 

・ブロッコリーは茎が伸びて背が高くなり、頭の部分(緑のところ)や脇にできる花蕾と若い茎(黄緑のところ)を食べます。

・カリフラワーは、背丈が低く、中にある花の芽の塊が、外側にある大きな葉の中に包まれるようにして育ちます。

そういえば、カリフラワーには、下の方に葉っぱのようなものが付いていませんか?ブロッコリーにはそんな大きな葉って無いですよね^^

 

栄養は、、

見た目の通り、ブロッコリーの方が葉緑素が多く、ビタミンCも豊富です。ですが、ゆでた場合にブロッコリーのほうが栄養分が壊れやすいです。

 

アスパラガスのように日光に当たると緑色になるわけではないんですね。白いものは、もともとそういう品種で、紫色や淡いオレンジ色の品種もあります。

 

アメリカ・イギリスでは「レインボーカリフラワー」というのがあるみたいですよ^^

遺伝子組換えなどの操作をしたわけではなく、何十年もかけて伝統的な品種改良を行ってきたみたいで

意外にも白いカリフラワーより栄養満点です(@_@;)

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ