⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

塩の煎り方と振り方(あて塩)について

  • LINEで送る

「塩の振り方」の記事で、塩を振るときには2種類方法があり、

手の甲を上に向けるか、下に向けるかって話をしました。

 

で、甲を下にした場合、小指のところから塩を出すって言ったのですが、

よく調べたら、「指の間から塩を出して振る」って言う人が結構いました。

 

実際、私は手の甲を上に向けて塩を振るので、あまり気づきませんでしたが、たしかにそれぞれの指の間や手の隙間から塩を出して振った方が初心者にとっては均一に振ることができるかもしれませんね。

 

ちなみに、私は上記のようなやり方はしません。

なぜなら、飛び散りまくるからです。

手の甲を下にしている分、まんべんに塩はいきますが、それ以上に周りにも飛び散ります。

かなり、大きく広がったところに塩を振るのであれば、この”手の甲を下、指の間”が適切かもしれません、

が、、

私はそこまで塩を萬弁に振る機会があまりないため、”手の甲を上、指の間”からでやっています。

というよりも、こちらの方が得意で均一に”狙ったところだけ”塩を当てれるため、無駄な塩が少ないです。

 

でも、もっとさらに塩を当てたい場合は、”手の甲を下で、小指の握った間から”出します。

さっきのよりもっと的を絞って塩を振る場合ですね。

それでも均一に当てれますよ(^O^)/

 

塩の煎り方

なんで、塩を煎るのか?それは、塩の水分を取り除くためです。

すると、サラサラな塩になります。

そしてサラサラな塩じゃないとうまく均等に振ることもできません。

 

やり方は

焦がさないように弱火―中火でゆきひら鍋を回しながら、木杓子で混ぜる。

出来上がったら、バットにペーパーをしいて、均等に広げて冷ます。

 

 

最後に、ポイントを2つ教えます。

1:乾いた手でやること

2:高い場所から振ること

理由はわかりますよね^^

わからなかったら、濡れた手で低い場所から塩を振ってみたらわかります。

 




↓↓↓世界中の塩を知りたい方はこちら↓↓↓

★楽天”塩”市場、世界中の塩の種類と特徴★

 

↓↓↓その他の売れ筋”塩”ランキング↓↓↓

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ