⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

青野菜をゆでる時に”塩”を入れると緑色が鮮やかに出るのはなぜ?

  • LINEで送る

塩を入れると緑色が鮮やかに出る理由

 

[塩]は料理において、さまざまな効果を発揮します。

野菜をゆでる時に塩を入れていますか?

ホウレンソウなどの青野菜だけではなく、青野菜以外をゆでる時も塩を入れるのは、

野菜のおいしさが水に溶け出るのを防ぐためでもあります。

 

塩を入れるのと入れないのとでは、味が違いますよね。

塩を入れないとなんだか物足りない味になってしまいます。

このひと手間を加えるか加えないかで、出来上がった時の料理に差ができます。

 

出来上がった料理を食べた時に

「なにか物足りないな、、、」

とか

「コクがない、、、」

とか思う事ありませんか?

 

このような物足りなさは、料理の味付けどうこうの前に

ゆでる時に塩を入れたか入れてないかなどの

下処理の段階で

“ちょっとした手間”を惜しまずにやっているか?

これが重要になってきます。

 

 

野菜をボイルする時ですが、

お湯に塩をいれる量は、なめてみて、少し塩を感じるくらいで良いです。

 

海水の塩分濃度はだいたい3.5%と言われていますが、

水1リットルに3%以上の塩は入れすぎになります。

 

ですので、だいたい1~2%の塩が妥当です。(水1リットルに対して塩10~20g)

ちなみに塩は小さじ1杯で6g、大さじで18gです。

 

ゆでた後、野菜を急冷するために氷水に入れる場合、

その氷水にも塩を少し入れると、野菜の味がしっかりします

 

さて、青野菜をゆでる場合ですが、この場合塩を入れるのには他に理由があります。

それは、緑色をキレイに出すためです。

 

なぜ塩を入れると鮮やかな緑色が出るのか?

 

野菜の緑色はクロロフィル(葉緑素)という色素で、これは水に溶けません。

ゆでても水にさらしても色が溶けだすことはないのですが、

長い加熱には弱く、ゆで過ぎると色があせて褐色(暗い色)になります。

青菜をゆでたら、すぐに冷やすのはそのためです。

 

クロロフィルというのは酸に弱いので、

酢を入れるのは色が悪くなるのを早めます。

醤油も数%の酸を含んでいるので色が変わってしまします

 

塩はクロロフィルの緑色を安定させる働きがあるので、退色を遅らせることができるのですね。

 

逆にアルカリ性の“重曹”を入れると色はキレイに出ますが、やわらかくなりすぎて(繊維が軟化)歯ごたえ・歯触りが無くなります。

 

ホウレンソウなどゆでる時に重曹は禁物ですが、

ワラビやぜんまいをゆでる時は重曹を入れると、色がきれいに出て、柔らかくなり、アクも抜けるので料理屋さんではよく使います。

*ちなみに野菜はゆでればゆでるほど、ビタミンなどの栄養は流出していきます。

 

~まとめ~

青野菜を使って料理をするときは、

  • 緑色
  • 食感
  • 栄養

この3つのどれを優先させるかによって、加熱時間を変えるといいでしょう。

 

 

<塩の効能で変色を抑える>

塩には、

リンゴを食塩水に付けると色が変わらない!

 

などの変色を抑える作用もあります。

 

野菜や果物にはポルフェノール物質が含まれており、

これは空気(酸素)に触れると酸化されてメラニンと呼ばれる褐色の物質になります。

 

野菜を切った後に水に入れるだけでも空気を遮断することになるので褐色はある程度抑えられますが、

塩を入れることにより酸化酵素の作用を抑え、よりいっそう色も変わらず味も良くなります。

 

リンゴの場合、あまり塩を多く入れると塩味が付くので

0.5~1%の塩分濃度(1リットルの水に塩小さじ1~2杯)でいいです

 

テレビで昔やっていましたが、ちょっとした裏技で

りんごを塩でもみ洗いしてから皮を剥くと変色せず、塩の味もしないみたいです。

 

その他の変色を防ぐ方法

リンゴにレモン汁をつけると変色を防ぐことができます。

これはリンゴのポリフェノールより先に

レモンに含まれるビタミンCが酸化反応をするからです。

 

そのため、ビタミンCは多くの食品に酸化防止剤として使われています。

他にもバナナ、モモ、アボカド、ナス、ジャガイモ、レンコンなどの果物、野菜も、切ると同じ反応を起こして変色します。

 

このようにいままで何気なくやっていたことも理由を知ることにより、

もっと深く料理を楽しめることができますよ。

 

 

  • LINEで送る
       

⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

2 Responses to “青野菜をゆでる時に”塩”を入れると緑色が鮮やかに出るのはなぜ?”

  1. 鈴木和夫 より:

     緑の野菜に、塩を入れると鮮やかな緑色に成りますが、もう少し、詳しく教えて頂けませんでしょうか。
     *クロロフィル(葉緑素)がどうなる、化学式?ではetc,

    • はりぃ より:

      おはようございます!ご質問ありがとうございます。

      なかなかここまで突っ込んだ疑問を投げかけてくる方はいらっしゃらないのでうれしいです^^

      回答の説明が長くなってしまいましたので、

      記事にしました。

      http://worldchefsbible.com/?p=2525

      お手数ですが、よろしくお願いします。

      WCBはりぃ

コメントを残す

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


   

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ