⇓⇓⇓24時間限定・10人まで!!《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

豆腐用凝固剤・にがりの危険性 ~添加物シリーズ~

  • LINEで送る

豆腐用凝固剤には、

 

  • 塩化カルシウム
  • 塩化マグネシウム
  • グルコノデルタラクトン
  • 硫酸カルシウム
  • 硫酸マグネシウム
  • 粗製海水塩化マグネシウム

 

があります。

粗製海水塩化マグネシウム以外は合成添加物で、

 

塩化カルシウム、塩化マグネシウムはもともと海水に含まれる成分。

 

硫酸カルシウムは、海水や岩塩、石膏に含まれ、

 

硫酸マグネシウムは、海水や鉱泉、食塩に含まれています。

 

どれも栄養強化剤としても利用されています。

 

グルコノデルタラクトンは

グルコノラクトンとも呼び、天然の食品添加物として、

食品添加物として、豆腐用の凝固剤、また膨脹剤製剤の酸性成分としての使用。その他、一般的な酸味料及びpH調整剤としての使用があります。

粗製海水塩化マグネシウムは、海水から塩化ナトリウムを分離し、元の液を冷却し、塩化ナトリウムを分離した残りのものです。

 

 

原材料名表示では

「凝固材[塩化マグネシウム(にがり)]」

などと表示されます。

成分はそのままでにがり(苦汁)が主成分です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

「にがり」とは、

海水から食塩(塩化ナトリウム)を製造する際に食塩を取り除いた後に残る液体の事です。

豆腐作りには欠かせません。

 

ちなみに塩化マグネシウムは食塩にも微量含まれているので、

その面でも安全性には問題ないと言えますし、

凝固材すべてにおいてもその由来から安全だといえます。

 

たまに豆腐の原材料に書かれる

炭酸マグネシウムとは、

マグネシウムの炭酸塩で、便秘薬、制酸剤、重量挙げの滑り止めの粉などにも使われていますが、

これも安全性に問題はありません。

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓24時間限定・10人まで!!《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる15種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】

プロの料理人でも知らない料理の隠し味や、知られざる和食のヒミツ、料理を美味しくするためのポイントを伝えた“料理哲学本”
『99.9%の日本人が知らない和食の真実』


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ