オーストラリアで育つライムたち レッド・フィンガー・カフィア

オーストラリアでは、日本とはまた違った種類の柑橘類がたくさんあります。

柚子も栽培されていますが、やはり本場日本のクオリティーには劣ります。

 

最近、レッドライムという名前のライムを見つけました。

これです。

 IMAG2748[1] IMAG2747[1]

 

Finger Limeの横に並んで売られていたので、

なんだろうと調べてみたら、

 

Red Limeはなんと、

Finger Lime(フィンガーライム)とRangpur Lime(ラングプールライム)の配合したものだそうです。

 

どちらもミカン属です。

 

フィンガーライムは、キャビアのような粒粒が取り出せて、ちょっとした盛り付けにも使えますが、

レッドライムは、若干粒はかたいものの、フィンガーライムのようには取り出せません。

 

しかし、香りはさわやかで、ミカンっぽく、少し懐かしい感じがします。

切った画像はこちら

IMAG2750[1]

 

また、オーストラリアでは、Kaffir Limeというライムも有名で、

日本名で「コブミカン」と呼ばれます。

種が多く、果汁もあまり多くないですが、香りが上品です。

 

日本にはそこまで有名ではない柑橘類もオーストラリアではよく使われたりします。

このような食材と和の食材を融合させると、日本では味わえない和食が誕生しますね。

 

ただ値段は結構高いので、そこだけ難点です。