UFOみたいな黄色い野菜 イエロースコッシュ Yellow Squash 

世界の野菜シリーズ。

 

最近マイブームでもある

『Yellow Squash(イエロースコッシュ)』

IMAG3098[1]

 

シドニーのスーパーではこんな感じで売っています。

IMAG3097[1]

(ちなみに右の白いものは、超小さいカブです)

 

自分は黄色い物しか見たことが無いので、単にSquashと呼んでいますが、

 

カボチャのことをSquashと呼ぶ場合もあるみたいで、

正確にはウリ科カボチャ属の草と実をSquashと呼ぶみたいです。

 

最初見た時の感想は

「UFOみたい」

でした。

 

Squashという野菜はどんな味なのかというと、ズッキーニを濃くした感じです。

食感もズッキーニみたいです。

 

まったく食べたいとも思わない野菜でしたが、

最初、焼いて食べてみたら「苦い」ので、あまり好きではなかったですが、

 

最近食べた、オーガニックのSquashが、単に焼いて塩コショウしただけですが、

苦味がほとんどなく、甘みも少しあり、ものすごく美味しかったので、お気に入りになりました。

 

旬はシドニーの2月、夏です。

 

小さく、触った感じ張りがあり、しっかりしていて、

色むらがなく、キレイな黄色で小さいけど重いものが美味しいSquashのポイントです。

 

焼く、蒸すなど、主にステーキなどの添え野菜で見かけますが、

小さくカットして詰め物として使ってもよいでしょう。

 

Yellow Squashは場所によっては、瓜やズッキーニのような形のものを差しますが、

オーストラリアでは、このUFOのようなものを言います。

「スコッシュ・スカッシュ」って言っています。

 

中々、ここまで鮮やかな黄色い野菜って、見つからないので、

料理の彩りとして重宝します。