市販のほとんどの食パンにはイーストフードが使われていますが、

 

イーストフードとは、

 

塩化アンモニウム

塩化マグネシウム

リン酸三カルシウム、、、

など16品目あり、

 

その中から5品目程度をピックアップして使っています。

 

膨張剤として、

パン酵母(イースト)に混ぜると、機械でふっくらしたパンを大量生産できます。

 

ただ、イーストフードを使うと、

しっとり感が無く、パサパサしてしまい、パン本来の味が失われます。

 

さらに中には毒性の強いものもあり、

塩化アンモニウムの場合、ウサギに2g投与したところ、10分後に死亡したと結果が出ています。

 

またリン酸塩も多いです。

リン酸塩は、過剰に摂ると、骨から血液中にカルシウムが溶出してしまうので、

骨粗鬆症(骨粗しょう症)の原因となります。

毒性はほとんどないと言われていますが、

ミネラルの吸収を阻害するので、できるだけ避けたい添加物の一つです。

 

 

それらも含め「イーストフード」としか表示されませんので使われていてもわかりません。