⇓⇓⇓24時間限定・10人まで!!《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

超具体的な「愛情料理」の表現と「食のコーチング」指導者育成

  • LINEで送る

私は今まで、

「料理は愛情」「エネルギーや目に見えない部分が料理にとって大事」

というような、ちょっと抽象度の高い、

言い替えると、少しあいまいな、一部の人にはわかりにくいお話しをしてきました。

 

精神的な面からの料理のアプローチや、心理学、行動学から見た食事、陰陽の食材など

ちょっと違った方向からの料理のとらえ方について、色々と話してきた部分は多かったと思いますし、

 

私もこれら、“目に見えにくい”分野は、結構好きなのでどんどん発信してきたのですが、

 

今年から伝えるブログのテーマは、

「料理は愛情」についての具体的アプローチ

そして、

「食のコーチング」の指導者育成

 

この2つを土台において、お話ししていこうと思っています。

 

今後発信するブログの内容に一番フォーカスしている方たちは、

“食に興味のある一般人”です。

 

ですので、料理人(特に和食)にとっては、当たり前すぎる内容になるかもしれません。

 

つまり、どういうことかというと、

「料理は愛情」を構成している要因である、料理を作る過程において、

具体的に、“どのように”調理をすることが“愛情”につながるのか?

について話していきます。

 

例えば、味噌汁ひとつ作るにしても、

愛情のこもった味噌汁というのは、朝いちばんの、キレイな水から出汁をとって作るのが良いのですが、

多くの人は、粉末の出しを使い、乾燥の具材を放り込んで短時間で作ろうとします。

 

でも、愛情をかけるというのは、食べてもらう人のために、自分の時間を使う(命を削る)行為でもあります。

 

その時間を、少し早起きして、昆布とかつお節を準備して味噌汁を作る。

これが、本当に美味しい味噌汁であり、愛情のこもった料理です。

 

、、、と

本当は、もっともっと具体的に細かくお伝えしますが、

こんな感じの内容にしようかと思っています。

 

料理屋では、ごくごく当たり前にやっていることかもしれませんが、

いざ家庭料理となると端折ったり、面倒でやらないことなども多いと思います。

 

または、今の時代、食材や調味料が便利過ぎて、本来の調理法を知らない方も多いかもしれません。

 

そして、これらの真の調理法を知ることが、愛情料理をもっと美味しくするための秘訣であり、

「食のコーチング」をできる人たちをつくることでもあります。

 

★食のコーチングとは?

料理、特に日本料理は、他国の料理に比べて、一つの料理(お皿)にものすごい情報が込められています。

和食は総合芸術であり、

食材、調理法、味付け、器、温度、季節、音、文化、宗教、歴史などなど

 

数えきれないほどのさまざまな要素が組み込まれていて、複雑すぎます。

これらを一つ一つ勉強するだけでも一生かかりますし、膨大な知識と経験が必要です。

 

“日本料理を楽しむ”とは、そのような背景を踏まえた上で、食事を楽しむ事でもありますが、

 

それら“楽しみ方”を知っている人、教えられる人というのは、日本人の中でもごくわずかです。

そんな、“食の楽しみ方”がわかっていて、伝えられる人を育てていくことが、

 

今の私にとって、やるべきことではないかとも感じています。

 

しかし、私は日本に住んでいません。

オーストラリアにいるので、その術を教えられるのは、このようにブログを使ったり、

メルマガなど、インターネットを使った方法が手っ取り早いです。

多くな料理情報満載メルマガはこちら

 

私は、海外にいても日本食をあまり知らない日本人に和食を教える事は多々ありますし、

毎日、多くの外国人にも和食の素晴らしさについて、私の作る料理を通して伝えています。

 

日本でも東京オリンピックが近づいて、外国人を見かける頻度もどんどん高くなっていく中で、

「日本人なのに日本料理を知らないやん」というように外国人に思われたくない、

という気持ちもあります。

 

そして、意外なことに、飲食に携わっている人でさえ、あまり日本料理(和食)について知らない人は多いです。

 

つい最近も、料理を数年している人に

「○○(和食)ってどうやって作るかわかんない」と言われて、何て言っていいのか言葉に詰まったときがありました。

 

なぜかというと、作り方は調べればわかりますし、その場で説明することもできますが、

そもそも、料理の基本的な考えというのが抜けていたということもあります。

 

食材を選ぶところから始まり、どのように包丁を入れて、切るのか?

どの順番で、それは何でそのやり方なのか?など、

 

例えば、“肉じゃが”一つ作るにしても、

実際のところ、一日では足りないくらい伝えたいことがたくさんあります。

 

ブログにして10記事でも足りないくらい、大事な要素がたくさんあります。

 

でも、料理というのは、元をたどれば、基礎の基礎をしっかり知っていれば、とってもシンプルです。

全ての料理に応用が利きます。

 

今後、そのような料理をする上で超具体的で、

『当たり前すぎることのように思われるけど、もっとも大事な部分』

にフォーカスして、お伝えしていければいいなと思っています。

 

動画で説明することは少ないかもしれませんが、

“言葉”を使って、できるだけわかりやすくお話ししていくので、楽しみにしていてください。

 

そして、どんなことでも質問があれば、何でもしてください。

自分の知識・経験内で答えられることは答えます(笑)

 

というのも、

本当のことを明かすと、私は、料理についてなんでもかんでも知っているわけではありません。

 

あたりまえですが、、、

 

ものすごい量の本を読んで覚えている天才でもないですし、神様でもないです。

なので、答えられないことも多々あります。

 

もちろん、質問されてわからない時は、自分の知識・人脈・情報網を使ってありとあらゆる手段を用いて調べますが、それでも答えが出ない時はあります。

 

その時はご了承ください。

 

たまに、ありえないムチャブリな質問をしてくる人がいるのですが、

そんな時は、すかさず、「わかりません」と答えます。

 

例えば、

「水の硬度の違いによる、各種お米の炊き具合の変化と粘り気や水分量を数値で表す」

とか、

「日本のこの土地のこの土の成分における野菜の育ち方と味の違いについて」

とか

「ある食べ物を食べることによる1週間後の体の変化と、それについての対策」

(人によって消化機能など違うので簡単に答えられません)

とか、

そこまでマニアックでなくても、専門分野外の、

「ブラジル料理の○○を作るコツはなんですか?」

とかも、結構私にとって難しい質問です(笑)

 

とはいっても、質問することはとても良いことなので、

 

私にとっても、「こんなことを知りたいと思っているんだ、なるほど~」と勉強にもなるので、遠慮せずにしていただけたらと思います。

 

その質問内容に沿って、メルマガを書くこともあると思います。

 

さて、今日はここまでにして、

次回から、「料理は愛情」の具体的な方法について、

そして、「食のコーチング」アドバイザーを育てるための大事なことをお伝えしていこうと思います。

 

何度も言うようですが、あまりにも基本的なことで、当たり前すぎて、

 

(特に料理人には)「そんなことも?」なんて思うことがあるかもしれませんが、

 

復習の意味も込めて、そして、知っていることと、できる事とはまた違うので、

 

これからお伝えしていくことを、ぜひ実践して、

「料理は愛情」の効果を実感していただき、

それを「食のコーチング」として、周りの多くの人に伝えてあげられるようになってください。

 

では、また次回をお楽しみに。

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓24時間限定・10人まで!!《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる15種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】

プロの料理人でも知らない料理の隠し味や、知られざる和食のヒミツ、料理を美味しくするためのポイントを伝えた“料理哲学本”
『99.9%の日本人が知らない和食の真実』


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ