料理人の包丁技術の一つにバラン細工があります。

 

これは、料理ではないですが、練習すればきれいな飾りを作れるようになります。

あんまり、バラン細工の技術にのめりこんでしまっては、料理の方がおろそかになってしまいますが、

ある程度の知識は持っておいた方が、役に立ちますし、

お客さん的にはかなり喜ばれます^^

 

ということで、

練習したい方は、このような(下の緑)プラスチックのバラン細工練習キットがありますので、

料理専門店、道具屋筋で探してください。笹(バラン)からでも、もちろんできます。

細工包丁は、写真のようなものでもいいですし、ペティナイフでもできます。

 

簡単なものから、、、

真ん中を半分に折って、飾りを入れると、左右対称のきれいな模様ができます。

 

次に、中級編、、、

鶴です。上の鶴の羽の部分だけは真ん中でまげて、飾りを入れ、左右対称にしています。

 

最後に上級編

亀です。でも、お尻の方に富士山も描いてます^^

これも、亀の左側は真ん中から折り曲げて左右対称になってますね。

まぁ、とくに上級ってかんじでもないけど、もっとすごいのはたくさんあります。

 

で、何度も言いますが、これ作るのに、早くて10分以上かかるので、しょっちゅうやるわけにはいかないですし、

やらなくていいと思います。

 

何回か、練習すれば、経験のある料理人なら、

これくらいはすぐにできるようになると思います。

 

最初は、なかなかバランスが悪くなったり、うまくいかないでしょうけど、だれでもやればできるようになります。

 

興味あれば練習してください。

*下書きして、イメージしてから切り始めたほうがいいですよ、最初は。