笹(葉蘭)はもともと、なぜ使うようになったのかというと、

ひとつは防腐作用

もう一つは、昔はよく木の上に盛り付けることが多かったので、引っ付いてしまうのを防ぐために使われていました。

 

そこで、疑問に思うのが、笹にもちゃんと置き方があるのか?ということ。

 

答えは、特に決まってない。でいいと思う。

というのは、盛り付けるものによって笹を置く場合に、決まりがあれば、

どうしても笹に合わせて盛り付けを変えなければいけないので、

その時に応じて笹の方向は決めればいいという解釈です。

 

ただし、一応覚えておいた方がいいことがあります。

 

それは、

 

日本料理は右利き文化なので、お箸をおく方向も左が細くなるように(持ちやすいように)置いてあるように、

笹も、先は左で、根本が右が基本です。

右きき前提の盛り付けは、右下が低く、左上が一番高く

山水盛り、天小地大と言われるように

上を針のように細くして、頂点をめざし、土台は太く(土台をしっかりって意味で)

左上の山の方から、右下まで水が流れて行く様子

 

つまり、バランの先は左上、根本は右下で置きます。

 

とはいっても、バランがメインではないので、バランスを考えて盛り付けしましょう。

それにより、笹の位置は変わってもいいというのはそのためです。

 

*最後に念のため、わかっているとは思いますが、笹の裏表は間違えないように

器に盛り付ける場合は、つるっとした面(表)を上にしてください。

粽(ちまき)などは包み込むので、内側がつるっとした面(表)、外側がざらざらの面(裏)になりますが、、、。

 

あと、もう一つ余談で、皆敷{かいしき}(料理に添える葉っぱのこと)の中でひとつだけ例外があり、

 

裏白という植物の葉がありますが、よく正月にお餅の下にあるやつのことですが、

これに関しては、裏(ざらざらの面)を上にしています。

理由は裏を見せることにより、裏表なく付き合いましょうみたいな感じの意味です。

 

以上、笹(ばらん)についての盛り付けに関しての考えでした。<(_ _)>