”いかすみ”はパスタなど、いろいろな食品に使われます。でも”たこすみ”を使った食品は見たこと無いですよね??

なぜでしょう??

 イカスミもタコスミも、成分は同じで、セピオメラニンと呼ばれるメラニンの一種です。

ですが、このような違いがあります↓↓↓

いかすみ

「いかすみ」は、粘り気があり、海中ではバラバラにならず、一つの塊状となりますこの塊がイカの姿に見えることから、敵におそわれた時のダミー効果をねらったものであると考えられています。

「いかすみ」が色々な食品に使われるのは、

  • イカが日本近海いろんな所で獲れること、
  • 水揚げした時、イカはすみを全部吐かないため残っていて入手しやすいこと、
  • 「こういか」のように、親指大もある大きな墨袋を持つイカもいること、

このような理由などからです。

●たこすみ

タコは敵におそわれると、思い切り相手に向けすみを吐き、煙幕状にして、そのすきに逃げます

「たこすみ」が使われない理由は、

  • 蛸の墨には、天敵のウツボの臭覚を麻痺させたり、カニの感覚を麻痺させる特殊な成分があるといわれ、そのため経験的に利用をさけていたと考えられること。
  • タコはほとんどが輸入され、加工段階で内臓が取り除かれていること、
  • 水揚げの際にはすみを吐いてほとんど残っていないこと、
  • すみ袋が非常に小さいこと、

などが利用されにくい理由と思われます。