盛り付けや見た目で味が変わる!?~かき氷の雑学~

夏と言えば、かき氷!

かき氷の種類は

  •  イチゴ
  • メロン
  • レモン
  • ブルーハワイ
  • コーヒー
  • 宇治金時

とありますが、なにが一番好きですか?

 

実はかき氷は歴史が古く、

平安時代に同じように氷を削って蜜をかけた
食べ物があったと言われています。

貴族しか食べることができなかった高級品だったみたいです。

 

そして戦前は、

  • 削った氷に砂糖をふりかけた「雪」
  • 砂糖蜜をかけた「みぞれ」
  • 小豆餡をのせた「金時」

が 定番メニューだったみたいです。

かき氷の味には他にも、

  • コーラ
  • マンゴー
  • 日向夏
  • コーヒー
  • レインボー

などありますが、

 

そんな”かき氷の雑学”です。

 

色々なシロップがありますね。

『かき氷シロップの味付けは全て同じ』

って知っていましたか?

違うのは着色料と香料で、

目をつぶって食べると、味は全て同じなのに、

目に映る色で脳が錯覚を起こし、

それぞれの味を認識してしまうのです。

 

もちろん、マンゴーとか日向夏とか色で判別できないものは、
味も判別できるように付いているでしょうし、

香料で違いがわかる人もいると思いますが、

基本イチゴ・メロン・レモン・ブルーハワイなどは完全に同じ味です。

 

これは大げさな例ですが、

キャンディーなどの飴も同じ原理です。

ですから料理も見た目が重要で、

盛り付けによって、感じる味が変わってくることもあります。

おもしろいですね。