マイクロハーブとは、

その名の通り、とっても小さい香草のことです。

 

品種改良で色々なものが作られていて、

マイクロ野菜・果物というのもありますね。

 

このような、ミニサイズの野菜やハーブたちは、料理の主役にはならなくても、一皿の盛り付け、見た目をかわいらしくしたり、

キレイに見せる効果があります。

 

高級なコース形式のレストランでは、使っているところは多いですね。

 

今回は、私が現在使っている「マイクロハーブ」の紹介をしたいと思います!

 

青紫蘇

大葉紫蘇ほど香りは強くないですが、ほのかな紫蘇のにおいがちょっとしたアクセントになります。

 

赤紫蘇

青紫蘇とはまた違い、色がはっきりしていて、存在感があります。

私は一番多用しています^^

 

レモンバーム

レモンができるわけではないですが、レモンと同じ香りがしてとても上品です。

レモン自体を使うより、おしゃれです。

 

 

水菜

写真をよく見ても、あまり水菜っぽい葉には見えないですが、ところどころギザギザした葉があります。

ちょっとした彩(いろどり)に混ぜたりしてもいいですね。大根のけん(つま)に混ぜたり、、、

 

ロケット菜

見た目は水菜と似ていますが、香りが全然違います。

特徴のあるロケット菜の香りです。

私個人的には好きな香りです。クセの強い料理に合わせるといいかもしれません。

 

レッドガーネット

赤いです。色がきれいで、大根けんに混ぜるとキレイです。

 

その他、

左からミント、レモンバーム、bulls blood、red sorrell

 

写真が少し見にくいですが、クリックすれば拡大写真が表示されます。

 

以上、

マイクロハーブの種類と説明でした。

 

 

オーストラリアには

他にもたくさんこのような形(小さい植木鉢型)で売られています。

 

参考資料サイト↓

こちらにもたくさんのミニハーブが載っています。詳しい説明もあるのでわかりやすいです(英語ですが)

http://www.gourmetherbs.com.au/theherbs.htm

http://www.pocketherbs.com.au/product.html

 

 

使えそうなハーブがあれば、また紹介します!