塩釜とは

このようなものです。

これはタイの塩釜焼き

 

このような形のものを塩で作り、

こんな感じで料理として演出効果を高めます(^O^)/

 

作り方

 

卵白を泡立てず、こしをきって、安い塩を合します。

一日で結構、固まりますので、合したら、すぐに成形してください。

完全にかたまるには、3日くらいは置いておきます。

 

用途は写真にある通り、主に焼き物に使われます。

ほうらく焼きの下の台として使ったり、

塩のカマクラを作ったりします。

 

ちなみにかまくらを作る場合、先に針金などで形を作っておいてから、その周りに、塩をまぶします。

塩だけだとカマクラの天井部分が、しっかり固定されず、崩れるのを防ぐためです

使い回しはできるので、汚れたら、ふき取ったり、少し塩を削ったりしてください。

 

盛る時も、直接塩の上に盛らず、松葉などを散らして、その上に貝殻や器などを置いて盛ります。

 

かなり日持ちはします。崩れなければ、1-2ヶ月はいけると思います

とくに食べるものでもないし、塩を大量に使っているので腐ることもないです。

ただ作るのに時間がかかるだけです^^