コーヒーなど、冷めてしまってから砂糖を入れてもなかなか溶けずに苦労します。

そのため、お店ではガムシロップを用意しています。

 

皆さんお分かりのように、砂糖は温度が高いほど溶けやすいです。

実験で100gの水に対し(グラニュー糖で実験)

0度    179g

常温    204g

100度  487g

と違います。っていうか100度だとめっちゃ溶けますね。

 

「これだけ溶けるんだったら、冷たいコーヒーに砂糖でも大丈夫では?」

と思いますが、これも感覚でお分かりだと思いますが、

温度によって、砂糖の溶ける量だけではなくスピードも違います

もちろん温度が高ければ高いほど、溶けるのは早いです。

 

なので、かき混ぜても最終的には砂糖は無くなりますが、時間がかかるのでシロップを使ったりします。

 

上白糖は吸湿性の高い転化シロップが加えられているので、グラニュー糖より溶けやすいです。

とはいっても、グラニュー糖に比べさらっとした甘味ではないのであまりコーヒーや紅茶には使われません。

 

 
 

◆砂糖についての記事一覧表◆

★アメ細工は冷蔵庫に入れてはダメ!

☆砂糖が白く見えるのはなぜか?

★砂糖の種類と使い分け

☆上白糖とグラニュー糖の違い

★砂糖の原料ってなんだろう?

☆砂糖の種類による甘さの違い

★甘味の時間変化、温度による変化

☆冷やして甘くなるフルーツ、甘くないフルーツ

★砂糖の溶ける量と温度の違い

☆砂糖の種類とカロリーの違い

★ふんわり玉子焼きの作り方、ポイント

☆砂糖の”焦げ”にも種類がある?

★料理の砂糖濃度一覧

☆温度による砂糖の変化8種類

★シロップとキャンディの種類と作り方

☆あめ細工と水あめの違いと作り方

★寒天に砂糖を入れるタイミングで固さが変わる

☆砂糖の持つ驚きの特性 ~まとめ~