丸前角向こうで盛り付ける理由は“陰と陽”が関係!?

丸い器は綴じ目が正面

そして、四角の器は綴じ目が向こう側です。

 

料理を盛り付けるときに、

継ぎ目や綴じ目がある器の正面を把握するために

お茶の世界や日本料理では「丸前角向(まるまえかくむこう)」と教えられますが、

 

これは、元々は木製の器である「曲げ物」の向きを判断するために考えられたといわれています。

 

そんなことは、日本料理人であれば常識ですが、

なぜだかわかりますか? 意味を知っているでしょうか?

 

答えは“陰と陽”です。

 

これだけでわかる人は結構すごいと思いますが、

では、どちらが“陰”でどちらが“陽”なのでしょう?

 

少しここで、陰と陽について簡単に振り分けます。

 

まず、

光、太陽、明、剛、火、夏、昼、動物、男

包丁の右側(角度が付いている方)、丸い器・浅い器、身体を温める食べ物、菜っ葉類、海の魚や丸ごとの魚、位置では向こう側、

闇、月、暗、柔、水、冬、夜、植物、女

包丁の左側(平らな方)、角のある器・深い器、身体を冷やす食べ物、根菜類、川の魚、切り身、位置では手前側、

↑対極図(対極魚とも呼ばれ、黒が陰、白が陽を表します。陰の中央にある魚眼のような白色の点は陰中の陽を示し、いくら陰が強くなっても陰の中に陽があり、後に陽に転じることを表し、またその逆もありえる。)

 

ちなみに、

陰が悪く、陽が良いという単純な意味ではなく、相反する二極によって自然の調和・秩序が保たれる。

という東洋医学の考え方ですが、どうしても“陰”に悪いイメージがありますね。

 

そこら辺を踏まえつつ、

丸前角向こうの話に戻ります。

 

先ほどの例では、陰と陽の

 

“陰”は四角の器で手前側。 “陽”は丸い器で向こう側です。

 

つまりお客様側に“陽”の方向でお出ししなければならないため、

 

角のある器は継ぎ目をむこう側にすることで“陽”になり、

丸い器は継ぎ目を手前にすることで“陽”となります。

 

これが「丸前角向」と呼ばれる理由です。