ビールのおいしい注ぎ方で売上アップ&原価率ダウン

樽生ビール体験セミナーに行ってきました!!

 

一般公開されないセミナーで、飲食業関係のみ対象に行われる限定セミナーです。

  

どのようなセミナーだったかというと、

 

簡単に言えば、

 

「ビールを最高にうまく飲むための注ぎ方」

 

の講座です。

 

飲食店で働いた経験のある人なら、わかる方が多いでしょうが、

 

樽から生ビールをグラスに注ぐとき、ほとんどの人が“失敗”したビールを作っています。(私もこのセミナーで聞くまでは”失敗ビール”を作っていました(+o+))

 

講座内容は、、、

 

  • どの角度で注ぐのが一番いいのか?
  • なぜ生ビールというのか?
  • グラスはどのような状態がいいのか?
  • 圧力設定はどうすればいいのか?
  • 成功ビールと失敗ビールの見分け方は?
  • なんで泡の比率が7:3なのか?
  • 出始めの“捨て”ビールを最小限に抑えるマル秘テクニック

 

などなど、、、

 

 

セミナー自体は小1時間でしたが、

その後、

試飲会&おつまみ&質問タイムなどがあり、

ビールに関することをこと細かく聞いたら、余すことなく全部教えてくれました^^

 

この情報は知っているのと知らないのとでは、これから飲むビールの見かたや味わいがものすごく変わってきます。

 

飲食店の飲み物の原価削減にもなりますし、おいしいビールを作ることで他店との差別化もできます。

 

実は“本当にうまいビール”を提供している店は

飲食店の1%にも満たないと言われているので、

 

この

「うまいビールの注ぎ方」

を知っているだけで、飲食業界のトップ1%に入ることができます!!

 

↑見にくい、、、すいませんm(__)m

 

特に居酒屋、小料理屋など

「まずは生ビール!」

って注文するお客さんが多い店では、間違いなく差別化ができます。

 

なぜかというと、

どの店でも、料理より先に出てくるのが「飲み物」です。

 

日本人のほとんどがだいたい「生ビール」を注文する傾向があります。

 

お酒をほとんど飲まない人や、いつもワインやカクテルでも

飲み会の席では、まず「とりあえず最初はビールで乾杯!」となります。

 

そんなとき、

 

最初に不味い(失敗した)ビールが出てきたらどう思いますか?

 

せっかくおいしい料理を提供していても、お酒も料理も手を抜いていると思われてしまいます

または他店と同じクオリティーのビールでも、特に何も感動はありません

 

しかし、

このセミナーで教わった飲食店の1%しか実践していない“おいしいビール”が作ることができたら、

 

「なにこのビール!!同じ種類でもぜんぜん味や香りが違う!めちゃうまい!!」

となり、

 

この後の料理の期待も膨らんで、

「もう一杯おかわり!!」

「あそこの店ビールがうまいからまた行こう!」

 

と好循環になります。

 

 

一つ秘密を教えると

 

ビールの泡には

「スモーキーバブルス」といものが存在します。

 

これは

クリーミーな泡とビールの間にできる煙状の泡の層のことです。

 

注いだ時にこの「スモーキーバブルス」が作り出せるかどうか?

これだけでビールのうまさが格段に増し、最後の一杯までおいしく飲むことができます。

 

この“何度飲んでも泡が再生”してビールのうまさを保ってくれる秘訣。

 

そのほか、たくさんの裏ワザを教えてもらいました^^

 

日本ビールのこだわり!って感じがしますね。

 

海外のビールとは全く違いますね、、、

 

ドイツビールもそれなりにこだわりがありますが、どのようなことに注意しているのかは知らないので、

 

いつか他国のビールのこだわりも色々聞いてみたいです。

 

 

ではまた!