食品添加物シリーズ

日本初!第5の基本味“うまみ”成分 「L-グルタミン酸Na」

 

『味の素』の主成分でもあるL-グルタミン酸Naは1908年に科学者の池田菊苗博士によって発見された、昆布から取れるうまみ成分です。

以降、科学的な方法で合成され、現在ではサトウキビなどを原料を発酵し製造されています。

 

L-グルタミン酸Na(ナトリウム)ときいて、

「原材料表示で、そんな名前見たことないよ」

と思われるかもしれませんが、

これは、原材料表示欄で誰もが目にした事のある

<調味料(アミノ酸など)>

がこのL-グルタミン酸Naをメインにしたものなのです。

 

症状

動物実験ではそれほど毒性は認められていませんが、

これは、一定量以上摂取すると、素早く吸収され、顔や上半身が熱くなったように感じます。

 

ひどいと、さらにしびれ、動悸やめまいなども起こします。

 

ですので一度に大量に入れると、消化器官うまく機能せず、上記のような症状を起こすと言われています。

取り入れた直後に、素早く吸収され、顔面、腕から肩にかけて熱くなるように感じるのですぐにわかります。

 

辛い食べ物や、熱い飲み物などを口から入れた時の熱さとはまた感じ方とは違い、

 

例えば、どのような熱さかと言うと、

L-グルタミン酸Naがたくさん入っている代表格の

“カップめんなどを食べた後に感じる灼熱感”です。

 

この症状は化学物質過敏症」とも呼ばれます。

ただ、個人差があるので、何も感じないと言う人もたくさんいます。

 

問題点

このL-グルタミン酸Naは、あまりにも安易にたくさんの食品に使われているため、

どれも味が同じように感じ、L-グルタミン酸Naが入っていないと

「おいしくない」

と感じる味音痴の人が増えているという問題も起こっています。

 

その他、

このL-グルタミン酸Naの濃い味が舌を刺激して、

カツオや昆布の自然な味を打ち消してしまいます。(インスタント味噌汁などが良い例)

 

さらに、

Naはナトリウム、つまり塩分を含んでいるので、高血圧の人は摂りすぎに注意しなければなりません。

 

その代替品として、L-グルタミン酸カリウムやL-グルタミン酸マグネシウムなどが添加物として認可されています。

 

 

 

このように、第5の基本味といわれるうまみ成分ですが、

添加物として大量に摂取すると、身体に影響を及ぼすことがあるので注意してください。