ビタミンCはフルーツに含まれるビタミンです。

 

それが添加物なの!?

 

と思われるかたもいらっしゃるでしょうが、

 

添加物のビタミンCには5種類あり、

これらは化学的に合成されております。

 

それが栄養強化、酸化防止の目的で使われています。

 

お茶などを製造する際、

飲料を製造する過程で茶葉に含まれるビタミンCが失われるので強化している

など言われますが、

それは表向きの理由で、

 

本当は

酸化防止が目的でもあります。

 

緑茶は酸化すると、色、風味、味が変化するため

それをビタミンCの抗酸化作用で防いでいます。

 

本来のビタミンCはL-アスコルビン酸のことですが、

その類似物質の

  • L-アスコルビン酸Na、
  • L-アスコルビン酸ステアリン酸エステル、
  • L-アスコルビン酸パルチミン酸エステル、
  • L-アスコルビン酸2-グルコシド

 

も添加物として認められています。

使用目的はL-アスコルビン酸と同じです。

 

ただ、どれを使っても「ビタミンC」という表示でよいのです。

 

どれも安全性に問題はありませんが、L-アスコルビン酸Naの場合は塩分を摂ることになりますので

注意してください。