⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

心と身体に良い食事に必要な2つの条件

  • LINEで送る

食事は、

“人”に“良”い“事”

と書いて、漢字で『食事』と書きます。

 

その名前の通り、本来食事と言うものは、

人の心と身体に良い食べ物でなければなりません。

 

そのためには、調理技術も少なからず必要ではありますが、

 

プロではなくても、理想的な『食事』を作ることはできます。

 

その、良い食事には、条件は2つあります。

 

【良い食事の2つの条件】

 

1:生産者が良い想いで作ってくれたもの

2:良い調味料を使って料理したもの

 

では、詳しく説明します。

 

<1:生産者が良い想いで作ってくれたもの>

 

季節や気候、土の条件、肥料の有無など

美味しい作物が育つのには、さまざまな条件が必要ですが、

 

それに加え、作り手の想いも重要になってきます。

 

例えば、生産者が、

「色や形が均等に育ってくれて、見た目に美味しく、売れそうな野菜を作ろう!」

「できるだけ、長く保存させるために、化学肥料などを使ってでも、たくさん売れるようにしよう」

 

などのような、お金などの自己欲求を目的とした生産者が作ったものより、

 

「できるだけ、自然に近い形で、身体が元気になる栄養たっぷりな野菜をつくろう」

「この野菜が、多くの人たちが笑顔になるような料理に生まれ変わりますように」

 

などの想いで作るのでは、

 

たとえ、同じような作り方だとしても、

そして、栄養面ではほとんど同じだったとしても、

 

目に見えない、野菜のパワーだったり、エネルギーの部分で変わってきます。

 

多くの方に認められる一流レストランが、

食材にこだわり、生産者との交流を大切にしているのは

 

この“想い”の部分を大切にしているからだとも言えます。

 

 

色々なレストランを食べ歩いてみれば、分かるようになりますが、

 

・どこでも売られているような食材を使用した飲食店

または、

・食材も吟味して、生産者と交流がちゃんと取れている飲食店

 

この両者の料理を食べ比べると、全然違います。

 

おそらく、全くの味オンチだとしても、

 

「なんだかおいしい、幸せな味がする」

とか

「もう一回、あの店に食べに行きたい」

 

と思わせてくれるでしょう。

 

それは、身体が本当に良いモノをわかっているため、

人間は自然とそのように感じる仕組みになっているのです。

 

 

2:良い調味料を使って料理したもの

 

この調味料選びも大切です。

料理人の方は、よく覚えておいてください。

 

料理を作る際に、ほとんどの場合、塩でも醤油でも

なにかしらの調味料を使うと思います。

 

しかし、その調味料が、、、

 

安いクッキングソルトを使ったり、

 

どこのものかもわからない、

怪しい醤油を使ったり、賞味期限の長い保存料の入った調味料など、、、

 

いくら食材が良くても、調味料が悪ければ、

 

料理のエネルギーも悪くなります。

 

わかりやすく、少しおおげさに言うと、

 

・エネルギー +100の食材

・エネルギー -5の調味料

 

で調理した場合、

その料理エネルギーは、マイナス5になるのです。

つまり、悪いエネルギーの方に合わせられてしまうのです。

“良いもの”と“悪いもの”があった場合、

同じエネルギーでも、悪い方に流れていくのです。

 

例を挙げると、

 

調理場に10人いて、一人でもネガティブな感情で怒っていたり、マイナスな発言をしていると

その場にいた全員も引きずられて、なんだか気持ちが落ち込んで空気が悪くなる。

 

というような感じです。

 

 

味の面では、食べられる料理だとしても、

 

工業製製品の塩を使っていたり、白砂糖を使っていれば、

 

身体にはよくありません。もちろん心にも影響は出てきます。

 

その他、

弁当に付いている、何が入っているかわからない醤油やソース

減塩味噌なども、塩分があるから腐りにくいのに、

他の味噌と同じように保存が長期間できるものなども、良くない場合もあります。

 

あと、砂糖も

白砂糖の他、グラニュー糖、ブラウンシュガーもよくありません。

 

 

以上2つが、

人の心と身体に良い食事の条件

となります。

 

そして、上記の2つの条件に加えて、

もっと大切なことがあります。

 

が、、、次回にしますね、、

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ