⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

酒やみりんを”煮切る”

  • LINEで送る

酒や味醂のアルコールを飛ばす時“煮切る(にきる)”と表現しますが、

これは料理の世界で、永年にわたって使われている慣用的表現で、
「不要なアルコール分をとばす」という手法の事です。

そして、この作業を経た日本酒やミリンの事を、それぞれ「煮切り酒(にきりざけ)」「煮切りミリン」といいます。

*ちなみに、この作業は「日本酒」と「本ミリン」だけに限った話です。「みりん風調味料」や「発酵調味料」には不要です。

 

日本酒やミリンは、製品になってからのち再醗酵させないよう数10%程度アルコール分を含みますが、
これが調理中やその後少しでも残ると、不快な風味がいつまでも残り、おいしく感じられません

どのような場面で使うのかというと、

・食べるまでに加熱しない調理、たとえば「酢の物」や「和え物」を作る時

・さっと煮たり、焼いたりして仕上げる料理に多く使われます。
・日本酒やミリンを大量に使う料理も、調理中にアルコール分が抜けにくいので、最初に日本酒なりミリンなりを煮切っておきます。

※長く似る料理は自然にアルコール分がとぶため、煮切る必要はないです。

 

さて、では“煮切る”どのような効果を発揮するのかというと、

「みりんはあまみと香りが強くなり、酒はクセが抜ける。」

のです!

 

煮切りの作り方

煮切りを作るには3つの方法があります。

  1. 鍋にみりんか酒、または両者を混合したものを入れて火にかける。充分に沸騰したらライターなどで、揮発しているアルコールに火をつける。
  2. 上記と同様だがアルコールに着火せず、ただ沸騰させてアルコール分を飛ばす。
  3. みりん、酒のほかにも調味料を混ぜ、味をつくった上で沸騰。アルコール分を蒸散させる。

上記1.は西洋料理のフランベと同様の手法であるが、フランベが具材に対して行われるのに対して、煮切りではそのような対象物がない。あくまでみりんや酒に含まれる、調味に余分なアルコールを除くために行われます。

 

本みりんの煮切り

みりんを直接使うとアルコールが邪魔になってしまうため、”煮切る”のですが、

どんな料理にもなんでも煮切りみりんを使えばいいというわけではありません。

みりんの特徴に

  • 上品な甘み
  • 料理に照りや艶を出す
  • コクを出す
  • 魚の 臭みを取り除く

さらに、

  • 煮崩れを防ぐ
  • 食材のエキスが外に溶け出すのを防ぐ

が挙げられますが、本みりんを煮切ると最後の2つの効果

<煮崩れや食材のエキスが外に溶け出すのを防ぐ>が落ちてしまいます。

糖とアルコールの作用によって防ぐことができたのが、アルコールが無くなってしまうと、糖だけとなり、

効果が落ちてしまうのです。

酒も同じような効果はありますが、特にみりんはその特性に気を付けて調理をしていくのが大事です。

 

 

 

煮切ることについての個人的意見ですが、、、

 

よく、沸騰させているところに火をつけ、炎を出しっぱなしにして、

その炎が消えるまで、、、ってやり方している人多いです。(たぶん9割以上じゃないかな、、)

 

これ、どうなんですかね、、、?

 

なぜかって、炎をつけっぱなしにしたら、鍋の内側が少し茶色っぽくなってきません?

こうなっちゃうと、繊細な日本料理の味付けに、その焦げた部分のにおいや味などが付いて良くないです。

(しかし、逆に香りを出すために軽く焦がすっていう人もいますので、それは料理人によって意見が分かれるかもしれません)

 

これは、実際当たり前のことですが、高級料亭などではちゃんと気にしています。

あと、安い居酒屋とかは、そこまでする必要もないでしょうし、おそらく、煮切り酒、煮切り味醂なんて使わないでしょう。

 

他の例ですと、長時間、焚き物をする時、煮物系など、

このようなときも、必ず鍋の内側が汚れてくると思いますので、こまめに付近などで、茶色い焦げになる部分を拭き取りましょう。

これもちょっとした違いですが、味に影響が出ます。

 

ま、そこがお客さんから見えない“仕事をしているか、していないかの差”ですね。

このようなところでも値段の高い料亭、安い食堂の差が出ます。

 

もちろん安いところでもそのように気をつけているのは、素晴らしいことですが、

お客さんの質というのもありますし、そこをこだわるかどうかはあなた次第です。

 

このような部分でも、知っているか知っていないかで、料理人のレベルがわかります。

気をつけましょう!

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ