100人中100人が絶賛する幻の味噌鍋レシピ

このレシピは、高級料理店で使われている

“イノシシ鍋”や“黒豚鍋”で使われるベースとなる味噌のレシピです。

 %e3%81%bf%e3%81%9d%ef%bc%91

寒い冬にピッタリで、心も体も温めてくれます。

 

上品な味わいで、クセのある猪(イノシシ)肉はもちろんのこと、

鶏肉や魚介類、野菜でもなんでも合います。

 

一度作ってしまえば、冷蔵庫で長期保存も可能です。(1~2か月は大丈夫です)

 

鍋以外にも、生野菜につけてそのまま食べたり、

ほかほかのご飯にちょっとかけても抜群に上手いです。

 

私が名古屋出身だから、味噌を強調しているのではありません。

本当に激ウマです。

 

料理人にとって、レシピは飯のタネなので、

公開したら、飲食関係者に怒られちゃいますが、

 

料理人の方、お店のオーナーさん許してください。

そしてどんどんパクって使ってください。

 

2016年のクリスマスプレゼントとして、このレシピを差し上げます。

 

<幻の味噌鍋レシピ(ベース)>

  • 合わせ味噌(味噌汁用)     100g
  • 八丁味噌(赤味噌)           30g
  • 上白糖                             50g
  • 酒(日本酒)                    100cc
  • 七味トウガラシ                 1g
  • 白胡麻(すりごま)           2g
  • 当たり白ゴマ(ペースト)  10g
  • ニンニク                          5g
  • 生姜                                10g

 

<作り方>

1:ニンニクと生姜をすりおろす。

2:上記の分量を全て鍋に入れよく混ぜる。

3:火にかけ沸騰してきたら、

鍋底が焦げ付かないように

弱火で5~10分混ぜる。

4:冷まして、冷蔵庫で保存

 

%e3%81%bf%e3%81%9d%ef%bc%92

<鍋だしの割合(2~4人前)>

  • 上記の合わせ味噌              150g
  • カツオ昆布だし                 1000cc
  • 薄口                                少々(50cc位)
  • みりん                             少々(50cc位)

 

 備考

*上白糖(白さとう)の代わりに、

黒砂糖やみりんなどなるべく上品な甘みを使用した方が

健康にも良いし、深みが出て美味しいです。

 

*酒(日本酒)は料理酒ではなく、飲む用の日本酒を使ってください。

 

*たくさん作る場合は、そのまま分量を2倍、5倍などで作って大丈夫です。

 

以上、何かわからないことがあればなんでもご質問ください。