賞味期限と消費期限について

 

料理をしていると、

賞味期限ってどうやって決めているのだろう?

と疑問に思う事がよくあります。

 

日本での

賞味期限と消費期限は、JAS法、食品衛生法に基づいて決められています。

 

『賞味期限』

ご存知の方も多いと思いますが、

賞味期限は定められた方法で保存した場合、食品の品質が十分に保たれ“おいしく”食べられる期間です。

ですので、期限を過ぎても食べられないわけではなく、あくまで目安の一つと言えます。

表示は、賞味期限が3ヶ月以上であれば、年月だけの表示でも大丈夫とされています。

 

どのような食品に“賞味期限”が使われるのかと言うと、

比較的品質が低下しにくい、

カップ麺、やハム・ソーセージ、冷凍食品、お菓子系が対象になります。

 

『消費期限』

変質や腐敗が起こりやすい食品が対象で、

そのほとんどは、5日以内に消費するべき食品に付けられます。

例えば、

弁当、お惣菜、生菓子、食肉などです。

 

ただ、賞味期限も消費期限も製造業者の判断で決められています。

 

海外(イギリス英語)での呼び方

賞味期限は

Best before end

Best before

Best before date

などと書かれます。

 

そして消費期限は

expiry

Use by date

このように記載されます。

 

ちなみに、あまり海外の賞味期限、消費期限は信用しないでください。

普通に異臭がする場合もあるので、自己防衛です。

 

 

このように、日本はまだ食べられる期限に安心感はありますが、

海外に出ると、言葉や文化の違いもあり、クレームを言っても、丁寧な対応は期待しない方が良いと思います。

賞味期限の設定もテキトーなら、対応もテキトーにすまされることもあり、消費者が泣き寝入りするしかなかったり、逆に自己管理をしっかりしろと怒られることもあります。

裁判沙汰に持ち込むのも、労力もいりますし、はっきり言ってきりがありません。

ですので、

ほとんどが自分の身は自分で守るという気持ちが強くあります。