盛り塩とは、主に牡蠣の殻やカニの甲羅、小さい皿など、

比較的大きな器の上に”盛り塩”を置いて、その上に固定するための塩で

不安定なものを支えるために使われます。

 

作り方は、卵白を泡立て(8-10分立て)そこに塩を入れます。

 

塩釜の時と違い、泡立てれば、かちこちに固まらず、硬さは持続します。

卵白は、余ったものを使えば良いと思います。

余らなければ、水でもできないことはありませんが、崩れやすいです。

 

あと、泡立てた卵白に混ぜる時は、塩を入れれば入れるほど、しっかりと固い盛り塩ができます。

日本では、業務用に卵白だけリットル(kg?)単位で売られています。

 

結構安いので、それらを使っても良いです。

日持ちはしますが、冷蔵保存がいいです。

だいたい、作ってから1~2週間は持ちます。