⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

盛り付けや見た目で味が変わる!?~かき氷の雑学~

  • LINEで送る

夏と言えば、かき氷!

かき氷の種類は

  •  イチゴ
  • メロン
  • レモン
  • ブルーハワイ
  • コーヒー
  • 宇治金時

とありますが、なにが一番好きですか?

 

実はかき氷は歴史が古く、

平安時代に同じように氷を削って蜜をかけた
食べ物があったと言われています。

貴族しか食べることができなかった高級品だったみたいです。

 

そして戦前は、

  • 削った氷に砂糖をふりかけた「雪」
  • 砂糖蜜をかけた「みぞれ」
  • 小豆餡をのせた「金時」

が 定番メニューだったみたいです。

かき氷の味には他にも、

  • コーラ
  • マンゴー
  • 日向夏
  • コーヒー
  • レインボー

などありますが、

 

そんな”かき氷の雑学”です。

 

色々なシロップがありますね。

『かき氷シロップの味付けは全て同じ』

って知っていましたか?

違うのは着色料と香料で、

目をつぶって食べると、味は全て同じなのに、

目に映る色で脳が錯覚を起こし、

それぞれの味を認識してしまうのです。

 

もちろん、マンゴーとか日向夏とか色で判別できないものは、
味も判別できるように付いているでしょうし、

香料で違いがわかる人もいると思いますが、

基本イチゴ・メロン・レモン・ブルーハワイなどは完全に同じ味です。

 

これは大げさな例ですが、

キャンディーなどの飴も同じ原理です。

ですから料理も見た目が重要で、

盛り付けによって、感じる味が変わってくることもあります。

おもしろいですね。

 

 

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

2 Responses to “盛り付けや見た目で味が変わる!?~かき氷の雑学~”

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ