⇓⇓⇓《メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ WCBレポート

============================================ WCBblog ============================================

サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO

   

料理や飲食店経営に関する質問、ブログの感想・お問合せはこちらからお願いします。
♦ところで、はりぃってダレ!? ⇒サイト管理人プロフィール紹介

丸前角向こうで盛り付ける理由は“陰と陽”が関係!?

  • LINEで送る

丸い器は綴じ目が正面

そして、四角の器は綴じ目が向こう側です。

 

料理を盛り付けるときに、

継ぎ目や綴じ目がある器の正面を把握するために

お茶の世界や日本料理では「丸前角向(まるまえかくむこう)」と教えられますが、

 

これは、元々は木製の器である「曲げ物」の向きを判断するために考えられたといわれています。

 

そんなことは、日本料理人であれば常識ですが、

なぜだかわかりますか? 意味を知っているでしょうか?

 

答えは“陰と陽”です。

 

これだけでわかる人は結構すごいと思いますが、

では、どちらが“陰”でどちらが“陽”なのでしょう?

 

少しここで、陰と陽について簡単に振り分けます。

 

まず、

光、太陽、明、剛、火、夏、昼、動物、男

包丁の右側(角度が付いている方)、丸い器・浅い器、身体を温める食べ物、菜っ葉類、海の魚や丸ごとの魚、位置では向こう側、

闇、月、暗、柔、水、冬、夜、植物、女

包丁の左側(平らな方)、角のある器・深い器、身体を冷やす食べ物、根菜類、川の魚、切り身、位置では手前側、

↑対極図(対極魚とも呼ばれ、黒が陰、白が陽を表します。陰の中央にある魚眼のような白色の点は陰中の陽を示し、いくら陰が強くなっても陰の中に陽があり、後に陽に転じることを表し、またその逆もありえる。)

 

ちなみに、

陰が悪く、陽が良いという単純な意味ではなく、相反する二極によって自然の調和・秩序が保たれる。

という東洋医学の考え方ですが、どうしても“陰”に悪いイメージがありますね。

 

そこら辺を踏まえつつ、

丸前角向こうの話に戻ります。

 

先ほどの例では、陰と陽の

 

“陰”は四角の器で手前側。 “陽”は丸い器で向こう側です。

 

つまりお客様側に“陽”の方向でお出ししなければならないため、

 

角のある器は継ぎ目をむこう側にすることで“陽”になり、

丸い器は継ぎ目を手前にすることで“陽”となります。

 

これが「丸前角向」と呼ばれる理由です。

 

 

 

参考になりましたらクリックお願いします!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村(料理)


  • LINEで送る
 

   
  ⇓⇓⇓《幸せになる『食』メールマガジン登録》をして⇓⇓⇓
↓↓↓◆WCBギャラリーにある無料でお得な情報をゲット!!◆↓↓↓ 天ぷらレポート グルテンフリー

←クリック!

⇒無料でゲットできる14種類もある料理関連レポートの詳細は、、、こちら

 


★2020年の東京オリンピックに向け、 “和食の作法(懐石料理)”を世界中に広めよう!★
(日本語版)『失敗しない和食の作法 ~懐石料理の正しい食べ方~』
(英語版)【The Foolproof Table Manner in Japanese Cuisine】

プロの料理人でも知らない料理の隠し味や、知られざる和食のヒミツ、料理を美味しくするためのポイントを伝えた“料理哲学本”
『99.9%の日本人が知らない和食の真実』


サイト管理人はりぃ(河野)の書籍一覧(無料で少しお試し読みもできます)
↓↓↓それぞれ気になる画像をクリックしてなか見チェック!↓↓↓


日本以外のAMAZONアカウントをお持ち(海外在住)の方は下記URLから
http://wp.me/p50ahn-1nO


★サイト管理人はりぃ(河野)のPodcast無料配信★
登録すると、もれなく【3万円相当】の特典付き!!
podcast
【商売繁盛のヒント 聴いた人だけ得をする 飲食店サービス心理学】

 

↓↓↓★当サイト管理人はりぃ(河野)が監修・教授する飲食店マーケティング新教材★↓↓↓ 繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科
↑↑↑『繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科』の詳細はこちら↑↑↑

   

2 Responses to “丸前角向こうで盛り付ける理由は“陰と陽”が関係!?”

  1. えっぽん より:

    曲げ物に使うものだとは知っていますが、これは、柄でも使うのでしょうか。
    例えば和皿に刷毛目が書いてあった場合、綴じ部分が手前と判断するのでしょうか。

    • はりぃ より:

      コメントありがとうございます。

      ご質問の回答ですが、
      曲げ物に関しては丸前角向で判断しますが、
      器に書かれた柄や模様からでは、全てが綴じ部分が手前とは判断しません。

      和皿に刷毛目が書いてある場合ですが、
      私の場合、作者が器をどの向きに置いて刷毛目を書いたかを想像して、正面を決めています。

      ですので、茶碗などに刷毛で円のように書いた場合は、お察しの通り、
      自然と刷毛目の綴じ部分(書き始めと重なる場所)が手前と判断します。

      ただ、この場合は、器の正面を定義する他の考え方もあるので(作者のサインなど)
      一概には決められないと思っています。

      以上が私の考えです。

コメントを残す

 

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ