オーガニックや自然食品の身体への影響 ~夕食編~

数年前から、体に入れる食べ物のことを気にしだしました。

 

添加物などの勉強をしていたというのもありますが、これからどんどん年を取るにつれ健康の分野の勉強は必須だと思っています。

色々な健康法がありますが、今日は私が実際に体験したことをお話しようと思います。

 

身体によい健康な食事をしても、すぐに反応がでないことはよくあります。

しかし、今日話すのは、翌日に「あれ?いつもと違うぞ??」と実感できます。

 

いつもと違うというのは、

  • 朝起きた時に目覚めが良い
  • 二日酔いになってない
  • 身体が軽い
  • 自然と朝早くめが覚める
  • 身体がだるくない

などなど、特に朝の状態がとても気持ちよく、気分も良く、活発に動けます。

 

そんな食事法は、少し気を付ければ今日からでも実践できますし、

あなたにも一度試していただきたいです。

 

なぜそのような効果が出たのかは、具体的に数字などで表せないですが、あきらかにいつもと違うことを実感できるでしょう。

 

それらのポイントをまとめてみました。

全てを実行しなくても、どれか一つだけでも効果が出てきます。

 

ポイント1:肉を食べない

肉を食べないと体への負担がかなり少なくなります。

たまには魚と野菜だけの食事を摂ってみてください。

 

ポイント2:夜中に食べない

特に私のような職業は、仕事終わりの夜中にご飯を食べることが多いですが、あまり良くないです。

もし食べるとしても体に負担の少ない食材が好ましいです。

理想は6時から7時頃から食べ始め、9時には食事は終わらせると良いでしょう。

 

ポイント3:オーガニック食材を使う

一度料理のすべてをオーガニックにしてみてください。

全く同じ材料でもオーガニックというだけで、味ももちろん違いますが、翌日の身体の状態が全然違います。

 

ポイント4:ワインは「ナチュラルワイン」を飲む

ナチュラルワインとはオーガニックワインとはまた違う規格ですが、

ワインに関してはオーガニックよりもナチュラルワインの方がより身体によいです。

これは自身の体験で、オーガニックワインを飲んでも、その他普通のワインとそこまで変わった感じはしませんでしたが、

ある日、ナチュラルワインだけを大量に飲んで潰れた時があります。

その翌日、まったく二日酔いもなく、目覚めもよく、ケロッとしていました。

興味ある方は、またはお酒好きな方は、ぜひ「ナチュラルワイン」を飲んでください。

 

 

以上、まだまだありますが、

今日は夜食べて(または飲んで)翌日の朝に目覚めが良いと実感できる食事法をお伝えしました。

ぜひ自分の身体で実験して、体感して見てください。