セリアック病と自己免疫疾患

今回はちょっと難しい言葉がたくさん出てくるので、飛ばしちゃってもいいです。

まずは自己免疫疾患の症状について

・甲状腺疾患(甲状腺機能低下(橋本病)
・シェーグレン症候群
・アジソン病
・自己免疫性肝疾患
・心筋症(抗心筋抗体陽性)
・円形脱毛症
・リウマチ関節炎
・疱疹状皮膚炎(日本人には稀)

これらはセリアック病の人が発症しやすい自己免疫疾患です。

それぞれの症状について気になる方はググってください^^

さて

自己免疫疾患は日本の人口の3%(約400万人)ほどが患っていると言われていますが、

セリアック病だけについて言うと、セリアック病の30%の人が自己免疫疾患を持っていると言われています

だいたいは自己免疫疾患の症状が先に現れるため、セリアック病の発見や治療が遅れてしまう事があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

小児でセリアック病の症状が現れ、同時に自己免疫疾患の症状が現れた場合、

原因となるグルテンの除去食をしばらく継続することによって、自己免疫疾患の症状がなくなっていくことは比較的多いですが、

成人のセリアック病の場合には、グルテンの除去食を行っても症状の軽減はあまり見られません

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

らしいです、、

これらの自己免疫疾患の症状が現れている人の中には、原因にセリアック病の疑いがある可能性は少なくないといえます。

<御連絡>

ついに!!

グルテンフリーダイエットやグルテンアレルギー、セリアック病などに関するまとめた資料を公開します(^O^)/

全59ページにわたる、これさえ見たらあなたもグルテンフリーマニア?と言わんばかりに詰め込みました^^

第1章 グルテンに関する基礎知識                

第2章 世界3大食材問題                                

第3章 セリアック病                                        

第4章 グルテンフリーダイエットのすすめ

第5章 グルテンフリーの料理                        

第6章 グルテンフリー食材の疑問                

第7章 グルテンフリーの質問集                    

グルテンアレルギーテスト                                

グルテンフリーダイエット レストランでのポケットマニュアル

などなど、かなりのボリュームになりますので、ブログではまとめて載せられないので、

PDF資料にまとめています。興味ある方は、こちらから登録してくださればいつでも見られます。

http://03.sydneynihonryori.com/6-2/←こちらをクリック!