白扇揚げ

 

揚げ物の調理法の一つで、白く仕上げたいときに使います。

 

揚げ物ってどうしても油で高温で揚げるため、全体的に茶色っぽい色になりがちで、見た目に鮮やかさがありません。

ですので、見た目にも油で揚げたような(ギトギト感?)は感じさせなくて、女性受けする揚げ物と言えます。

ふんわりと仕上がります。

 

白扇揚げはその他の呼び方に、

「白仙揚げ」「白煎揚げ」「白妙(しろたえ)揚げ」とも呼ばれます。

 

由来や語源

その漢字のとおり、

白扇=白い扇に見立てたり、

白妙は着物などの織物のことですし、

白仙は“仙人”でなんとなく縁起が良い??から

白煎は“煎じる”でエキスを抽出するって意味だから良い意味??

または和菓子で使う材料に白煎粉ってのがあって、

お盆に飾る甘ったるい砂糖のお菓子で落雁(らくがん)とか白雪糕(白雪羹)(はくせつこう)というお菓子が関西では“はくせんこ”と呼ばれているので、そこからきているのか??

↑すいません曖昧な答えで、、、

 

 

作り方

主に使うのは、卵白と粉です。

粉は小麦粉または片栗粉や葛粉を水で溶いて、卵白を泡立てたものと混ぜて揚げます。

*水で溶いたものを使うのは卵白と合わしやすくするためです。

 

小麦粉より、片栗粉の方が色が白くなりますので、片栗粉を使う人が多いです。

 

揚げ方は食材に打ち粉をして⇒上記の合わせた衣をつけて揚げます。

 

もちろん、

卵白は泡立てて気泡が入っているので、油に入れても浮かんできます。

ですから全体が均一に火が通って色が変わらないように、お箸などで転がしてあげましょう。

 

 

揚げるポイント

長く揚げていると、どんどん色がついて茶色っぽくなってきますので、軽く短時間で揚げます。

そのため

  • 小さめにする、
  • 火の通りやすいものや、
  • あらかじめ火を通しておく、
  • 生でも食べられるもの(半生で中心がほんのり暖かい状態でもおいしい食材)

このような食材を選ぶのが良いです。

 

で、せっかく白扇揚げといって白く仕上げたいので、食材の色にも注意しましょう。

 

油もできるだけ新しいものを使ってください。古い油だとキレイに白く揚がらないです。

油の温度も170℃までの低めが良いでしょう。

 

 

あと、卵白の泡立て具合や、卵白と粉との混ぜ方にも気を付けてみてください。

 

 

あと白扇揚げというのかどうかは謎ですが、

白い“ぶぶあられ”を周りに付けて揚げてみても面白いかもしれません。

 

そうか考えると他にもたくさん“白く”揚げられる揚げ物が見つかるかもしれませんね。

 

 

以上です!

 

あまり興味持つ人少ないと思いますけど^^

「白扇揚げ」について語りました。