グルテンフリーエキスポ2013でキサンタンガムを発見!!

いや~、、、探してたんですよ、、、

グルテンフリーエキスポの記事はこちら⇒http://sydneynihonryori.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

 

売っているのは知っていましたが、このサイズで一度使ってみたかった、、て想いがあって、

このグルテンフリーエキスポでまさか見つかるとは思ってなかったです。

これ↓

 

カレーやシチューでつけるとろみを、普通はグルテンの入っている小麦粉でつけるけど、

そうなると、グルテンフリーアレルギーの人は食べれなくなる、、、

そんな時につかうのがこのキサンタンガム。もちろんグルテンフリーです。

 

詳しくはこの記事で⇒キサンタンガムについて

 

なぜ、私はこのキサンタンガムが欲しかったのかというと、

最近3つ星などを取っているレストランで、液体窒素や人工イクラ(アルギン酸ナトリウムとか塩化カルシウム)のガストロノミー料理を作ったりするときによく出てくるのがキサンタンガムなんです。

増粘剤なので、液体に溶かすと、どろっとした状態になります。

 

ペクチンと違いいいところは、耐塩なので醤油でもゼリー状にできるのです。

 

ってことで早速やって見ました(^O^)/

 

左が醤油で、右がポン酢です。

めっちゃゼリー状に固まりましたが、だまだまがたくさん残っていて完全に溶けないので、ハンドミキサーをかけました。

 

泡泡です。

↑それぞれ少しだけ醤油とポン酢を足して、ミキサーかけた状態。

当たり前ですが、混ざりはしましたが、空気を含んで泡がたくさん、、、(@_@;)

もう少し液体を足してみます。

さらに”あわあわ”(+o+)

泡の醤油ができました。卵白で作った泡醤油に比べると、固まる力は弱く(泡ジェリーみたい)、味も濃いので、使いにくいです。

 

これじゃ、泡が消えないので、さらに醤油を足してみます。(というより最初入れたキサンタンガムがかなり多かった、、、(-_-)/~~~ピシー!ピシー!)

だいぶ、薄くなってきました。

泡も時間が経てば消えてくるでしょう。。。

 

これで、トロッとした醤油が完成です!

て、肝心の最後の写真を撮り忘れた、、、

またこんどアップしますm(__)m

 

このほかにも、トロッとさせる方法はあります。

ベシャメルみたいなバターと小麦粉を火にかけ溶かし、合わせればどろっとした醤油が作れます。

が、グルテンは入ってます。

 

以上です(つづく、、、)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★必見!!★

只今、キサンタンガムのレポートが無料で手に入ります。

興味ある方はこちらから↓


タダでお役立ちレポートを手に入れる!!←クリック!!

美容業界・グルテンフリー食品業界で使われる<キサンタンガム>とは!?

  • キサンタンガム[xanthan gum] 9の真実
  • キサンタンガムの使用量
  • キサンタンガムの溶かし方

あまり知られていない[xanthan gum]を徹底攻略!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~