ご飯を食べる前の「いただきます」の由来

ご飯を食べるとき、なんで「いただきます」と言うのか語源を知っていますか?

 

毎日使っている言葉なのに、ほとんどの人が本当の意味を知りません、、、

 

その意味について知ったのはもう10年以上も前になりますが、

料理人の修業当時、ある伝説のお師匠様に教えてもらった言葉で、かなり衝撃を受けました。

 

日本人なら誰もが知っていて、毎日言う(であろう)言葉

 

「いただきます」

 

もちろん「ご馳走様(ごちそうさま)」も食べ終わった後に言いますが、

 

それはそのままの意味で、「おいしかったよー」って作った人への感謝の言葉です。

 

ご馳走の「馳」も「走」もバタバタと走り回る様子から、一生懸命、良い食材を走り回って探しましたよ???

 

と言う意味でもあります。

 

では「いただきます」も同じで

 

作った人に「頂きます」「作ってくれてありがとう」と感謝をこめて言っているのだろうと、

ずーーーと思っていました。

 

そういう意味もあるでしょうが、わたしが師匠から聞いたのは理由はそうではありませんでした。

 

なにか?

 

実は「いただきます」の前にはある文章がくっついていたのを、省略していたのです。

 

それは、、、

 

「あなたの命を、私の命に代えさせていただきます」

 

と言う意味が含まれていたのです。

 

野菜も魚も肉も、全部生き物です。

 

その生きている命を奪って、自分の体の中に取り込んでいるので、

あなたの代わりに生かさせてもらってます。

のような意味合いです。

 

上記の部分を

「牛肉の命を、私の命に代えさせていただきます」

「大根の命を、私の命に代えさせていただきます」

 

など、それぞれの生きていたものに対する、感謝の言葉として、

この「いただきます」という言葉は生まれたのです。

 

これからは、食事を作ってくれた人、

そして、大事な命を自分にくれた、たくさんの食材たちに感謝して、この言葉を使ってください。

 

食べ物が十分にある時代に生まれた私たちは、この感謝の気持ちが薄れてきているのかもしれませんが、

 

たくさんの命に生かされていることを忘れないようにしましょうねー^^