添加物シリーズ2

加工でんぷんの安全性は?

 

加工でんぷんは以前は

「でん粉」

「澱粉」

「デンプン」

などと表示され、食品として扱われていましたが、

化学処理をしているため、2008年10月に“食品添加物”として扱うようになりました。

 

ですので今では、

「加工でん粉」

「加工デンプン」

と表示されています。

 

この加工デンプンとは、

デンプンに化学処理を施したもので、酸化デンプン、酢酸デンプンなど合計で11品目あります。

添加物として使用される場合、

「安全性には問題が無いと考えられる」

と言われ、

デンプンがベースにあるため“安全性は高い”と判断されています。

 

しかし、

発がん性や毒性の試験データのない品目も多くあり、

11品目全ての安全性が確認されているわけではありません。