*今回のタイトル、あまりにも普通でよくありそうな言葉ですが、かなり重要なことを伝えています。

 

よく、職場で料理の指導をしていると、

「どうやってやるんですか?」

「どのタイミングで?」

「どの角度で?」

など、聞かれることが多々あります。

 

毎回私が言うセリフがあるのですが、

その言葉は、料理初心者の子には、「わかりにくい!!」とよく言われます。

 

それは、

「そいつ(食材)に聞いてみなよ^^」もしくは「こいつ(食材)の気持ちになって考えてみて^^」

です。

 

実際、私が見習いであれば、同じくわからなかったと思いますが(笑)

 

 

例を挙げてみますね、、

 

 

  • エビのてんぷらを揚げているとします。

 

「どのタイミングでとりだせばいいのかわからない」という質問に対して、

 

油の温度、衣の厚さ、エビの大きさ、天ぷらとして食べるのか?ごはんやうどんと一緒に食べるのか?周りからでる泡の大きさ、重さ、色、、、などなど

 

私自身、経験があるだけにこれらを瞬時に考え、判断して、取り出すタイミングを見極めます。

 

つまり、それらの要因すべてをひっくるめていうと

 

「エビの気持ちになって考える」

 

になるのです。

 

ですので、私には、エビが「今が一番おいしく食べれるよ!^^」って言っているのが聞こえるくらいわかります。

 

 

  • お造りを引くとき(刺身を切る時)も同じです。

 

この魚は、今のタイミングが一番食べごろで、どの角度で包丁を入れたら繊維がどうたらこうたら、、、腹の部分か背の部分か?上身下身などなど

 

これまた、色々なことを考えながら切るわけです。

 

それも簡単に言えば

 

「魚の気持ちになって考えれば、どのように切ればいいかわかる」

 

ってことになります。

 

今、例に挙げたことは

はっきり言って、そうとう経験を積まないと難しいかもしれません。

 

 

しかし、よくよく考えてみてください、

 

料理でも人間関係でも同じだと思うのです。

 

相手のことを観察して、どういう気持ちなんだろう?どうすれば喜んでくれるだろう?と常に考えながら行動していれば、徐々に相手の気持ちがわかってきたり、通じ合ったりするようになります。

 

それはよく“対人間”で使われますが、それを“食材”に置き換えるだけです。

 

胡瓜(きゅうり)を見て、こいつはどうやって食べてほしいんだろう?サラダに入れるならどのように切れば一番おいしく食べれるだろう?と考えながら料理をすることです。

 

そういうことを続けていると、食材と会話できるようになります^^

って怪しく聞こえるかもしれませんが、幻聴が聞こえて、妄想の激しい人じゃないですよ^^(笑)

ま、私、たしかに想像力豊か?ではあるかもしれませんが^^、、

 

要するに、相手(食材)のことを深く理解し、研究し、わかってあげる、気持ち読み取ってあげることが大切なのです。

 

これは、特に“日本料理の精神”にもつながります。

「素材を活かす」

これこそが究極の料理だといえます。

 

これは、たとえプロの料理人ではなくても、誰でもできることです。

だって、好きな人ができたら、その人のこと一日中考えていられるでしょ?

 

それと同じです^^

 

わたしは、その対象に食材も含んで考えることができるってことです。

 

ようするに、料理が好きなんです。これにつきます。

だから、食材一つ一つを大切にしたいと思うし、いつもそれぞれの食材の個性を考えます。

 

さらに、食材だけではなく、食べる人の気持ちも考えて作る。これ最強です。

 

究極の料理ってそういうものだと思うのですが?

 

あなたはどう思いますか??