さて、無料情報 第2弾 「魚の英訳、日本語訳」です。

世界第2位の漁港と言われるシドニーで獲れる魚をメインにしています。

必要な人は少ないかもしれませんが、

オーストラリアでとれる魚の種類とその英語名、日本語名と魚の特徴をのせました。

 

ちなみにオーストラリアはイギリス英語なので、アメリカ英語の魚の名前とは全然違う呼び方のモノもいくつかあると思います。

 

例えば、

イギリス(オーストラリア)英語では、ハマチを「KING FISH」と呼びますが、

アメリカ英語ではハマチを「YELLOW TAIL」と言います。

ちなみにオーストラリアでYELLOW TAILは鯵(アジ)をさします。

 

このように、全く違う魚を別の呼び名で言うこともあるので、注意が必要です。

あとは、日本語訳を付けていますが、日本でとれるものと全く同じではなく、種類や属性は同じでも、実際に見ると形も味もなんか違う、、、

 

という魚は結構多いです。

獲れる場所が違うだけに、魚もいろいろ変化しています^^

 

では、こちらから登録していただければ、ダウンロードできますので、欲しい方はどうぞ。

他にも役に立つ資料も一緒にゲットできちゃいます。

 

「オーストラリアの魚の種類と英語名」の資料を手に入れる!