「人生の崩壊」商売繁盛の帝王学 ~お金を味方にする~

今日は、「人生の崩壊」をテーマにした“お金”や“権力”の話と「商売繁盛の帝王学」をお伝えしていきます。

“お金や権力”と“料理”って関係ないんじゃない、、、?と思うかもしれませんが、お金は生きていく上で必要なツールです。

食材を買うにしても、生活するにしても、お店を出すにしてもお金がいります。

お金が全てではないですが、お金があると世の中の99%のことは解決するとも言われています。ある意味、幸せもお金で買えることもできるでしょう。また、地位や権力、肩書などもあると、生きていく上で有利に働くことはよくあります。

そこで、今回は、「人は、お金を持ちや有名になって地位や権力を持つと、なぜ人生が崩壊してしまうのか?」

料理人の場合、例えば、ミシュラン三ッ星をとっても、本を出したりテレビにでる有名料理人でも、何店舗ものお店やホテルの統括をする総料理長でも、人生が崩壊し、料理の世界から突然消えたり、自殺したり、病気になったり、うつやノイローゼになったり、周りの関係や家族が崩壊したりする人がいます。

それはなぜなのか?

あなたがこれからどんどん力を持ち、お金をもって、有名になっていく上で、絶対に聞き逃してはいけないとても重要な話をします。

これは、商売繁盛“真の成功”とも関連性のある話です。

繁盛の語源

商売繁盛の「繁盛」という漢字が使われ始めたのは明治のころからです。それまでは、「繁昌」という漢字を使っていました。本来使われていたこの「昌」という字は、「人がにぎわって栄える」という意味です。

商売、ビジネス、どんな仕事でもそうですが、“人”が栄えるためにやっています。

料理でも同じです。「私は料理だけ作っているから関係ない」と思うかもしれませんが、料理を作ることで、

  • お金を払って、料理を食べるお客さん。
  • 料理を運ぶホールスタッフ、サービススタッフ。
  • 店を運営するマネージャー、店長、オーナー。
  • 食材を運んできてくれる業者さん。
  • 生産者の農家さん。

など、“料理を作る”だけでも、これだけ多くの人が関わり、集まり、そして循環して栄えていくように、世の中の構造はなっています。

“あなたが携わることで人が集まる仕組みを作る”

これは、商売の鉄則であり王道となります。逆に人が集まらなければ、商売・ビジネスはうまくいきません。人を集めるチカラ・魅力があれば、実際、どんなビジネスをしてもうまくいくでしょう。

つまり、“あなたに魅力があれば、商売は繁盛します”

そして、繁盛とは、「人が賑わって栄える」という意味をわかった上で、これからする話を読み進めていってください。

本題はここからです。

お金を持って有名になっても人生が崩壊する人

世の中には流行やブーム(死語!?)、一発屋と呼ばれるように、一時期だけ人が集まり盛り上がっても、すぐに消えてなくなり去ってしまうことがあります。

しかし、繁盛するため賑わうためには、それが長く続いて栄えることが大切です。どんどん盛り上がっていって、相乗効果で大きくなっていくことが大事です。

一瞬だけ有名になって、売り上げが上がっても、そこから急降下して人生を踏み外してしまう人がいます。人生が崩壊する人がいます。

実は気付いていない成功のひずみ

光と影のように、一気に成功していった分、お金が入ってきた分、逆に、反作用で多くのマイナスな出来事も起こる。

、、、ように思えます。

例えば、有名になればなるほど周りから、「あの人は、ヒトが変わってしまった」「何を考えているのかわからない」「昔はこうじゃなかったのに」などと言われ、

当時一緒に頑張ってきた仲間を捨てて反感を買ったり、暴飲暴食などしたりして、生活が派手になって体調を崩したり、遊びが多くなって家族離散したり、このように、成功の裏側には真逆の負の循環も起こることが多いです。

 大きな権力を持ち、たくさんのお金を手に入れ、人生が崩壊する人ってたくさんいます。

でもそれは、「お金(や権力)を持ったから狂ったんじゃないの?」というような疑問がわいてくるかもしれません。たしかに、実際にそのような人はたくさんいます。

お金や権力を持つと、羽振りが良くなり傲慢になる人がいます。それは、当たり前のようにも思えます。

、、、しかし

実際に「人って、そんなにも簡単に変わるものでしょうか?」

お金や権力を持っても、変わらない人もいます。謙虚で低姿勢な人はたくさんいます。

ただ、ここで一つだけ、大事な一つの真理を言うと、 『お金や権力の影響は、ものすごく大きい』ということです。つまり何が言いたいのか?というと、

よく言われる

  • お金が人生を狂わせる
  • 権力が人を傲慢にする
  • 儲けたから人が変わる

このような言葉を耳にしますが、実際のところこの解釈はちょっと間違っています。

お金や権力が人を狂わせるのではない

お金や権力は何なのかと一言で言うと、『心を拡大してくれるもの』です。

お金や権力を持っておかしくなったり、人生を踏み外したりするのではなく、「お金によってその人の欲望を増大させる」「権力によって、もともと持っていた人間性が表に出てくる」ということです。

 つまりお金を持つことで偉そうにする人は、“もともと内に潜んでいた性格が悪かった、歪んでいた”ということになります。

お金を持つことによって、その人の心が拡大され、現象化しただけであって、もともとその人自身が持っていたもの、心のひずみ、劣等感、承認欲求、愛情不足とか、そんな欠乏感や、心のヒビが最初からあり、

「お金や権力によって、それが大きく膨れ上がり具現化された。」というだけの話です。

だから、“人生を踏み外した”のではなく、“お金や権力で、人生を踏み外すきっかけとなった”ということです。

ここで一つ伝えておきたいのは、「お金を持ってはいけません」と言っているのではなく、今のあなたの“拡大される前の心”が大事だと言っているだけです。

例えば、あからさまな例を挙げると、

  • 昇進して課長になり、部下ができたら、ものすごく偉そうな態度をする。
  • 後輩ができたら、好き勝手なんでも命令する。
  • ギャンブルなどで勝って一時的にお金を持ったら欲の限り豪遊しまくる。
  • 過去に成功した事例にこだわり、いつまでも続ける。
  • 弱いものには強く当たり、強いものにはヘコヘコする。

このような人は、お金や権力を持つと、かなりめんどくさい人になります。つまり、今の心の持ち方が大事なのです。人生が崩壊する人は、もともとゆがんだ心の持ち主であったというだけです。

お金持ちよりも大事なのは、“エネルギー持ちになること”

エネルギー持ちとは、抽象度が高く、志を高く持ち、自分自身に比重を持たず、周りの人に重きを置く人がエネルギー持ちになります。

言ってしまえば、エネルギーのあふれた良い心、その精神状態や成熟度を高めていけば、勝手にお金は入ってくるものです。「人のために」「役に立ちたい」と思っていれば、お金が味方して勝手に拡大してきます。

しかし、劣等感や上下意識、満たされない思い、承認欲求などがあると、お金を通じて、それを拡大させてしまう恐れがあるのです。

せっかく手に入れたお金を、自分の満足のためだけに使うお金なんて勿体ないと思いませんか?

極端に「自分が得たすべてのお金を、人のために使いましょう」と言っているわけではなく、自分へのご褒美なども時には必要です。バランスは大事です。

ただ、自分だけのために使ったお金は、自己重要感を高めることはあっても、巡りめぐって、人から返ってくることはありません。しかし、人のためにお金を使うと、いつか何かしらの形でお金だったりご縁だったり返ってくることがあります。

ちなみに、私は半年ほどかけて、ある実験を行ったことがあります。

いままで自分のために使っていたお金を人のために使ったら、どれくらいその金額相応のものが返ってくるのかの検証です。

それまでは、自分の好きな料理本、食べたい料理(食べ歩き)、お酒など、自己投資に使うようなお金もありましたが、自分のために使うお金は極力避け、それらを人のために使いました。

例えば、

  • 後輩に付き合って飲みに行って愚痴を聞く(自分のおごりで)
  • どこか出かけた時、自分のお土産は買わずに職場の人やお世話になっている人のためのお土産を買う
  • 食事に行ったときに自分が全部払う
  • 道端に座っているホームレスの人に小銭をあげる
  • 震災の寄付をする
  • 終電に乗り遅れた友人や後輩にタクシー代を払う

また、お金以外の面では、

  • 自分の自由時間、休み時間を削って、だれかのために協力・手伝いをする
  • ひとの話を聞く
  • 人を紹介する
  • お得な情報をタダで教える

などなど、自分の時間やお金を人のために使い、その後にどれだけ自分に返ってくるのかを調べました。

すると、面白いことに、今まで自分のためだけに使ってきたお金は、何にも変わらず、自身の満足感など欲求を満たすだけに終わっていましたが、人のために出したお金や行動したことは、8割近くは何かしらの形で返ってきたのです。

それは直接的なものもあれば、間接的に違うひとから受けるものもありました。

例えば、

  • 後輩を飲みにつれて行ったときは、その2日後に先輩に飲みにつれて行ってもらえた。
  • 寄付をしたら、その後仕事上でお客さんにチップをいただいた。
  • 休み時間を使って友達の店の手伝いをしたら、すごい人を紹介してくれた。
  • 業者さんに耳より情報を教えたら、食材の値段下げてくれた。タダで商品をくれた。
  • 周りの人にお土産をあげたら、違うルートから商品券がもらえた。

このような出来事が起こるようになりました。返報性の心理の効果も少なからずあると思いますが、なかなかの還元率でした。

しかも、人のために時間やお金を使うことで、その人との関係性も深まるため、将来的には、自分の行動した以上の効果は返ってくるように思えました。

このように、一度経験してしまえば、「もっと人のために」という意識が強くなり、少しずつ自分を変えていくきっかけになります。

もちろん何も返ってこないこともよくありますが、見返りなど期待はせずに、無差別に与えていると、どんどん“徳”が貯まっていくように感じます。貯金のようなイメージです。

「信頼残高なるものを大きくしていき、たくさん貯まると利息で良いことが起こる」みたいな感じです。

人の心の良し悪しの見分け方

さて、ここから「今の自分の精神状態がどのようにお金などに反映されるのか?」についてお話しします。

お金や権力を持った時、一番影響の出るところはどこでしょう?

、、、それは、「人間関係」です。特に関係性の近いところに出ます。

人の見極め方として、人と接する時に、何を一番注意して見ると良いのかというと、その人と関わっている人、身近にいる人との関わり合い方を観察することです。

これからも、あなたは色々な人に出会うと思います。ビジネスで出会う人も多くいるでしょう。その中で、成功している人や、ためになる良いことを言う人など、たくさんいると思います。

その時、その人が本当にどういう人なのか見極める方法は簡単です。

周りを見る事、その人のお客さんをみること、その人のチームをみること。

ここだけでよいと言っても過言ではないくらい重要なポイントです。人を見る目を養う上での鉄則です。

その人の周りを見る事。その人の本性は周りを見たらわかります。集まってくる人をみたらわかります。

また、成功する人、うまくいく人、お金を持つ人、権力を持つ人、みんな共通していえる事は、影響力が強いということです。別の言い方では、洗脳力が強いです。

なので、近くにいると「このひと、スゴそう、、!」と思われがちですが、そう思って、感覚がマヒしてしまいがちですが、そのときこそ周りを見てください。

これをすると、一発でわかります。

  • その人が本物なのか?
  • それとも飾られた、演出されたものなのか?

がわかります。

  • 心が良い人なのか?
  • そうでないのか?

がわかります。周りの人間関係を見たらわかります。

お金は人間関係の影響が出やすいです。あなたの人間関係のパターンがあなたの心のパターンです。

つまり、あなたの人生、ビジネスも含めうまくいくにはどうすればいいのかというと、善い人に恵まれる。良いお客さんに恵まれる。

これだけとなります。

人に恵まれる3条件

もう少し具体的に、いい人に恵まれる”ということは、

1:いい人に出会う

2:いい人に紹介される

3:出会ったり、紹介される人と関係性が深まる。

この3つです。

またうまくいっているビジネスに共通して絶対的に言えることは“紹介されている”ということです。

しかし、、、逆に、、、

逆にです、、、

  • すごく心持が良いのに、なかなか人に出会えない
  • 紹介はされるのだけど、いいひと紹介されない、良い紹介のされかたをしない
  • 紹介されてもある一定ラインから、あるところまで行ったら、関係が深まらない

このような人もいます。なぜでしょうか?

、、、

ここでしばらく考えていただきたいのですが、その原因は、なんだとおもいますか?

「良いことしているのにも関わらず、なぜか良い人に出会えない」のです。

、、、

なぜでしょうか?

「すごく良い商品やサービスをしているのにも関わらず、なぜか紹介されない、いい人を紹介されない」

、、、

なぜでしょう?

もしくは、「良い人を紹介されるけど、なぜか関係性が深まらない、心の距離が深まらない」

、、、

さて、その原因とは何でしょうか?これは、今回の話での最大のテーマです。

本当に重要なので考えてみてください。

いい人に出会って、いい人紹介してもらって、関係性も深まって、という方もいると思います。しかし、そうでない場合、“何”が根本的な原因だと思いますか?

かなり重要なので、自分のなかで、ちょっとの間、考えてみてください。

、、、

、、、、、

、、、、、、、、

どうですか?

ひとつヒントを言うと、今日の話で、「お金は心を拡大させる」という話をしましたが、その心の中に“あるもの”が潜んでいます。

もう一度言います。心の中に“あるもの”が潜んでいるため、それ”が邪魔をします。

心の中です。その心の中に“それ”がある限り、

  • いい人に出会えない
  • いい人を紹介されない
  • いい関係性が作れない

のです。そのあるものとはなにか、、、

それは、次回の記事で答えをお伝えしようと思いますが、この答えは、そうそう簡単に一般公開してしまってはマズイと思っています。

ですので、ちょっとの勇気を出して行動してくれた方だけに秘密を教えたいと思います。

 

ヒミツを知りたい方は、この記事を下にスクロールしたら、私の無料メールマガジンに登録する場所が出てきます。登録したら、すぐに次回の記事を読むためのパスワードをお伝えします。

(登録したからといって料金が発生したり、勧誘メールが来るわけではありません。私が作った料理系の無料レポートが手に入って、定期的に私からのメルマガやブログ更新の連絡が届くだけです。)

ヒミツの答えについての記事は、今回と同じくらい長い文章となっていますので、よく時間を取ってごらんくださいね。

それではまた。