意外と知らないベジタリアンの種類と食品に関するアレルギーについてお話しします。

 

みなさんご存知、

 

「ベジタリアン」=肉を食べず野菜などを好んで食べる人

 

ですね。

 

しかし、

 

ベジタリアンと言えど、

世界にはさまざまな種類のベジタリアンがいるのです。

 

ご紹介します。

 

 

 ~食品によるベジタリアンの種類~

 

 

「ビーガン (VEGAN)」

 

純粋菜食主義者です。

 

鳥獣の肉、卵、魚介類およびそれらをもとに作られた物など(乳製品、ラード、ヘット、ゼラチン、鰹節・鰯・エビなどの出汁など)を食べない。

 

厳格なヴィーガンは蜂蜜なども含む動物性の食品も一切摂らず、

動物性の薬品や化粧品は使用せず、

 

さらには、動物製品(皮革製品・シルク・ウール・真珠・珊瑚など)も身につけない人もいます。

 

 

 

「ダイエタリービーガン (DIETARY  VEGAN)」

 

ビーガンの食事をするが、食用以外の動物の利用を必ずしも避けようとしない人

 

 

 

「ラクト・オボ・ベジタリアン (Lacto Ovo Vegetarian)」

                  

肉・魚は食べないが乳製品や卵は取る人

 

 

「ラクト・ベジタリアン (LACTO VEGETARIAN)」

 

肉・魚は食べないが乳製品は取る人

 

 

「フルータリアン (FRUITARIAN)」

 

木の実(果物・ナッツ類、木になる野菜)以外は食べない。

 

植物を殺さない食品のみを食べること。(リンゴの実を収穫してもリンゴの木は死なないが、ニンジンは死んでしまうという考え)

 

 

 

「ノン・ミート・イーター (Non Meat Eater)」

 

肉は食べないが魚介類は取る人(マクロビオティックはこの辺を対象らしい

 

 

 

「ペスクタリアン(PESCETARIAN)、ペスコ・ベジタリアン(Pesco Vegetarian)」

 

肉、卵、乳製品は食べないが、魚介類は取る。

 

 

 

「ポゥヨゥ・ベジタリアン(Pollo Vegetarian)」

 

肉の中でも鳥(鶏、七面鳥、アヒルなど)の肉は食べる。

 

 

 

「セミ・ベジタリアン(SEMI-VEGETARIAN)」

 

肉をなるべく食べないようにしている人。

上記の2つペスコとポゥヨゥはセミ・ベジタリアンという呼ばれ方もする

 

 

 

  ~地域による分類~

 

 

「アジアン・ベジタリアン(Asian Vegetarian)」

 

肉類、卵は食べないが、魚介類、乳製品は食べる。

 

 

 

「インディアン・ベジタリアン(Indian Vegetarian)」

 

ヒンドゥー教に基づくインドの菜食主義者。多少の乳製品をとる。

 

 

 

「ストリクト・インディアン・ベジタリアン(Strict Indian Vegetarian)」

 

肉、魚介類、乳製品、根菜類も取らない

 

 

 

「チャイニーズ・ベジタリアン(Chinese Vegetarian)」

 

肉類、魚介類、有精卵などの動物質食品と五葷(ごくん)をとらない、

中国の菜食主義者。

 

 

 

「オリエンタル・ベジタリアン(Oriental Vegetarian)」

=三厭五葷(さんえんごくん)を取らないベジタリアン(東洋のベジタリアン)

 

三厭とは肉・鳥・魚のこと。

 

五葷とはネギ・にんにく・にら・らっきょう・あさつきなど刺激の強い野菜類

これらを食べないベジタリアンです。

 

 

 

「ウェスタン・ベジタリアン(Western Vegetarian)」

 

西洋の菜食主義者。ラクト・オボ・ベジタリアンとほぼ同じ。

 

 

 

 

 

食品別だと10種類、地方別は6種類で

 

全てあわせると16種類もありました(゜レ゜)

 

 

 

アレルギーならともかく、それ以外の理由でレストランに来て、細かい注文をされると困ります(>_<)

 

 

単にベジタリアンってだけならなんとか対応できますが、、、、^^