シロップは砂糖濃度50~60%の水溶液を103~105℃に加熱して作ります。

 

出来上がりの濃度により、

・エキストラライトシロップ

・ライトシロップ

・ヘビーシロップ

・エキストラヘビーシロップ

の4つに分かれます。(上に行くほど軽いシロップ)

 

そのほか、果汁や香料が入った「フルーツシロップ」もあります。

 

シロップの用途は、ホットケーキ、みつ豆などにかけて使います。

 

ショ糖以外では、

かんしょ糖から作られる「ケーンシュガーシロップ」

糖蜜から作られる「ゴールデンシロップ」

等があります。

 

 

シロップを煮詰めて作る”キャンディ”は、砂糖だけだと

・結晶ができやすい

・風味が悪い

・もろい

などの欠点があるため、ショ糖(砂糖)液に、

「ブドウ糖」「果糖」「水あめ」「卵白」「ゼラチン」「牛乳」「脂肪」

などを加えています。これにより、砂糖だけでは生じやすい結晶の成長が阻止され、キャンディが作れます。

 
 

◆砂糖についての記事一覧表◆

★アメ細工は冷蔵庫に入れてはダメ!

☆砂糖が白く見えるのはなぜか?

★砂糖の種類と使い分け

☆上白糖とグラニュー糖の違い

★砂糖の原料ってなんだろう?

☆砂糖の種類による甘さの違い

★甘味の時間変化、温度による変化

☆冷やして甘くなるフルーツ、甘くないフルーツ

★砂糖の溶ける量と温度の違い

☆砂糖の種類とカロリーの違い

★ふんわり玉子焼きの作り方、ポイント

☆砂糖の”焦げ”にも種類がある?

★料理の砂糖濃度一覧

☆温度による砂糖の変化8種類

★シロップとキャンディの種類と作り方

☆あめ細工と水あめの違いと作り方

★寒天に砂糖を入れるタイミングで固さが変わる

☆砂糖の持つ驚きの特性 ~まとめ~