冷やしたら甘い果物、常温の方が甘い果物ありますね。これはフルーツに含まれる果糖が関係してきます。

果物の他にも、シロップや清涼飲料水など、

ぬるい状態や温かい場合、甘さに違いが出てくるといいます。

砂糖に含まれるショ糖(スクロース)は温度によって甘味が変化しませんが、

果物やシロップ、清涼飲料水などに含まれる果糖(フルクトース)は温度により甘味が変化します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果物の場合、

冷やすと甘くなるのは、果物に含まれる糖分のうち果糖の比率が高めのものです。

例えば、

  • 日本梨
  • 西洋梨
  • リンゴ
  • スイカ
  • ブドウ
  • ビワ

です。

 

逆に、冷やしても甘さがあまり変わらない果物は、果糖の比率が低めで、ショ糖・ブドウ糖が多い果物です。

例えば、

  • 温州ミカン
  • バレンシア・オレンジ
  • グレープフルーツ
  • ナツミカン
  • カキ
  • モモ
  • スモモ
  • バナナ
  • パイナップル

です。

 

ただし注意しなければいけないのが、冷やしすぎはよくありません。

甘さに対する舌の感度は温度が低くなると鈍くなるので、冷やすといっても10度前後が適温です。

 

そして、甘味料の

  • スクロース
  • マルチトール
  • グルコース
  • ガラクトース
  • マルトース

は温度により変化はほとんどないですが、

  • キシリトール
  • フルクトース

は温度が高くなるほど甘みも低下していきます。

特にフルクトースは甘味の下がり方が激しいです。

 

http://yashoku.hatenablog.com/entry/20100615/p1(参考資料)

 

◆砂糖についての記事一覧表◆

★アメ細工は冷蔵庫に入れてはダメ!

☆砂糖が白く見えるのはなぜか?

★砂糖の種類と使い分け

☆上白糖とグラニュー糖の違い

★砂糖の原料ってなんだろう?

☆砂糖の種類による甘さの違い

★甘味の時間変化、温度による変化

☆冷やして甘くなるフルーツ、甘くないフルーツ

★砂糖の溶ける量と温度の違い

☆砂糖の種類とカロリーの違い

★ふんわり玉子焼きの作り方、ポイント

☆砂糖の”焦げ”にも種類がある?

★料理の砂糖濃度一覧

☆温度による砂糖の変化8種類

★シロップとキャンディの種類と作り方

☆あめ細工と水あめの違いと作り方

★寒天に砂糖を入れるタイミングで固さが変わる

☆砂糖の持つ驚きの特性 ~まとめ~