最初に答えを言ってしまうと

「寒天を溶かしてすぐのタイミングで砂糖を入れるときちんと固まり、形が長持ちし、おいしくできる」

である。

 

これさえ知っていればいいけど、

 

実験で、

はじめから寒天に砂糖を入れ30分煮た場合は

寒天と水だけで25分煮てから砂糖を入れ、5分加熱した場合に比べ

”はじめから砂糖を加えておいた方”が、固さが2~3割強くなっています。

 

つまり、入れるタイミングでかなり固さに違いが出てくるのです。

砂糖を入れるのは早すぎず、遅すぎず、寒天が溶けたタイミングで砂糖を入れた方が分子同士の結びつきがよく、

固さが保たれます。

 

◆砂糖についての記事一覧表◆

★アメ細工は冷蔵庫に入れてはダメ!

☆砂糖が白く見えるのはなぜか?

★砂糖の種類と使い分け

☆上白糖とグラニュー糖の違い

★砂糖の原料ってなんだろう?

☆砂糖の種類による甘さの違い

★甘味の時間変化、温度による変化

☆冷やして甘くなるフルーツ、甘くないフルーツ

★砂糖の溶ける量と温度の違い

☆砂糖の種類とカロリーの違い

★ふんわり玉子焼きの作り方、ポイント

☆砂糖の”焦げ”にも種類がある?

★料理の砂糖濃度一覧

☆温度による砂糖の変化8種類

★シロップとキャンディの種類と作り方

☆あめ細工と水あめの違いと作り方

★寒天に砂糖を入れるタイミングで固さが変わる

☆砂糖の持つ驚きの特性 ~まとめ~